• 最近日本でも話題を集めている「MBTI」(性格診断)。
  • 16種類の中で韓国で最も好まれている型は「ESFP」(エンターテイナー型)だとか。
  • 今回、韓国芸能界の盛り上げ役6人をピックアップ!

日本の若者の間でも、にわかに話題を集めている「MBTI」(性格診断)。

16もの性格類型に分類される中で、韓国で最も好まれている型は「ESFP」というエンターテイナー型だとか。

名の通り、人と交流することに幸せを感じる社交的な性格で、どのような場所でもパーティーのように率先して場を楽しませてくれる、いわば”盛り上げ役”の性格です。

人との関係を大切にする”ウリ(私たち)”の国、韓国にはどのような「ESFP」の芸能人がいるのでしょうか。

そこで今回、韓国の芸能界を盛り上げる「ESFP」の韓国芸能人6人をご紹介します!

 

チェ・スヨン (少女時代)

●生年月日:1990年2月10日
●MC出演作:MBC『幻想の相棒 シーズン2』(2009)、『第13回ソウル国際ドラマアワード2018』(2018)、MBC『2022 MBC演技大賞』(2022) 他
●ドラマ代表作:tvN『第3病院~恋のカルテ~』(2012)、MBC『今日、妻やめます~偽りの家族~』(2017)、Netflixシリーズ『ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です』(2021) 他

少女時代のスヨン (画像出典:©TOPSTAR NEWS)

最初の”ESFP”を持つ韓国芸能人は、少女時代のメンバーで俳優としても活躍するチェ・スヨン。

K-POPガールズグループのレジェンド的な存在の少女時代では、サブボーカルとリードダンサーを担当しています。

責任感が強く、気さくな性格。バラエティでも持ち前の明るさとコミュニケーション力でみんなが一つの輪になるよう場を盛り上げてくれるエンターテイナー。

しかし初めて受けたテストでは「ESFP」で、2021年放送のJTBC『それでも僕らは走り続ける』の撮影前のテストでは「INFJ」(提唱者型)。その後、再びテストを受けたところ「ESFP」と「ISTP」(巨匠型)という結果が出たそうです。

ジェヒョン (NCT)

●生年月日:1997年2月14日
●MC出演作:MBC『SHOW CHAMPION』(2015)、SBS『人気歌謡』(2019) 他
●ドラマ代表作:KBS『Dear.M』(2022)

NCTジェヒョン (画像出典:SMエンターテインメント)

2人目は、2016年に結成された次世代グローバルグループNCTのメンバー、ジェヒョン。

リードボーカルとリードダンサーを担当し、NCT U、NCT 127、NCT DOJAEJUNGとしても活躍しています。

NCTとしてデビュー前の2015年1月21日から同年7月1日までの約半年間、初めてMBC『SHOW CHAMPION』のMCを担当。

その後、Mnet『M COUNT DOWN』やSBS『THE SHOW』、SBS『人気歌謡』のMCにも起用されています。

アイドルだけでなく、MCとしての才能も開花させている彼は、MBCバラエティ『週刊K-POPアイドル』で自身のMBTIについて「ESTP」(起業家型)と発表。

2020年8月23日に2度目のテストを受けたところ「ESFP」という結果が。

その約3年後の2023年1月8日、インスタライブにて自身は「ESTP」の性格だと公開しました。

パク・ヒョンシク (ZE:A)

●生年月日:1991年11月16日
●MC出演作:MBC『2013 MBC歌謡大祭典』(2013)、MBC『2014 MBC放送芸能大賞』(2014)
●ドラマ代表作:KBS『家族なのにどうして~ボクらの恋日記~』(2014)、KBS『花郎<ファラン>』(2016)、tvN『青春ウォルダム~運命を乗り越えて~』(2023) 他

パク・ヒョンシク (画像出典:©TOPSTAR NEWS)

3人目は、2010年にボーイズグループZE:Aとしてデビューし俳優としても大注目のパク・ヒョンシク。

2014年にKBSで放送された『家族なのにどうして~ボクらの恋日記~』で初主演を務め、SBS『上流社会』(2015)やKBS『花郎<ファラン>』(2016)など数多くの人気作品に出演しています。

2013年放送のMBC『2013 MBC歌謡大祭典』、2014年放送のMBC『2014 MBC放送芸能大賞』と2年連続MCに起用。

「みんなで愛し合おう」がモットーの彼は、以前出演したtvNバラエティ『TAXI』で「誰もが愛する世界になったら」と発言し場の雰囲気を和ませる一面も。

「ESFP」の中でも「ESFP-A」という自身の意見をはっきりと持ち、ポジティブ思考な性格だそうです。

RAIN (ピ)

●生年月日:1982年6月25日
●MC出演作:KBS『The Unit~アイドル再起プロジェクト』(2017)、Mnet『Be Mbitious』(2022)
●ドラマ代表作:KBS『サンドゥ、学校へ行こう!』(2003)、KBS『フルハウス』(2004)、tvN『ゴースト・ドクター』(2022) 他

RAIN(ピ) (画像出典:©TOPSTAR NEWS)

4人目は、本名チョン・ジフンで俳優活動も行う歌手RAIN(ピ)。

1998年に6人組アイドルグループFUN CLUBの一員として歌謡界デビュー。

その後、JYPエンターテインメントの代表J.Y.Parkのもとで約2年間にわたるレッスンを経てソロデビューをし、新人らしからぬ歌唱力とダンスで一躍トップスターの仲間入りに。

歌手活動の傍ら、俳優として韓ドラ界を盛り上げ、初ドラマ出演・初主演を果たしたKBS『サンドゥ、学校へ行こう!』(2003)では最高視聴率44%を記録し「サンドゥ中毒」を巻き起こしました。

歌手としても俳優としても大成功を収めている彼は、MBCバラエティ『撮るなら何する?』(2019~)に出演した際に受けたMBTIテストで「ESFP」という結果が。

ジョン・ヨンファ (CNBLUE)

●生年月日:1989年6月22日
●MC出演作:KBS『ミュージックバンク in チリ 2012』(2012)、KBS『2022 KBS演技大賞』(2022)
●ドラマ代表作:SBS『美男ですね』(2009)、tvN『三銃士』(2014)、KBS『ブレインズ ~頭脳共助~』(2023) 他

ジョン・ヨンファ (画像出典:FNCエンターテインメント)

5人目は、第2次韓流ブームの代表格SBS『美男ですね』(2009)で初ドラマ出演・初主演を果たしたCNBLUEのジョン・ヨンファ。

2010年に日本でも大人気バンド「CNBLUE」のメインボーカルとしてデビューし、10年以上にわたり世界中のファンから愛されている歌手兼俳優です。

順調に俳優活動も行う彼は、2020年9月23日に受けたMBTI診断でエンターテイナー型の「ESFP」という結果が。

しかし何度かテストしてみたところ、広報活動家型の「ENFP」になったと2022年1月16日にV LIVEで発表。

その約7カ月後の2022年8月14日には、自身のインスタグラムのストーリーに「ESFP」の診断結果を掲載し、2つの型が交互で出ているようです。

ウヨン (2PM)

●生年月日:1989年4月30日
●MC出演作:SBS『人気歌謡』(2009)、KBS『キム・スンウの乗勝長駆』(2010)、WHYNOT『何が何がいい値でショー』(2017) 他
●ドラマ代表作:KBS『ドリームハイ』(2011)

2PMのウヨン (画像出典:JYPエンターテインメント)

最後の”ESFP”を持つ韓国芸能人は、”アジアNO.1野獣アイドル”2PMのメインダンサー、ウヨン。

2008年に2PMとして芸能界デビューし、今年でデビュー15周年を迎える世界的なK-POPブームの先駆者でもあります。

ソロ活動も精力的に行っており、ソロコンサートチケットは即日完売、追加公演も決定するなど韓国でも日本でも多くのファンから支持を受けています。

歌手活動の他にバラエティ番組でも活躍の幅を広げている彼のMBTI診断は「ESFP」。

MBTI診断結果を公表している2PMのメンバーのうち、唯一の「S」(感覚的)だそうです。

ダンミ ニュース部

K-POP&韓国芸能ニュースの中から、皆さんの関心をキャッチして正確にわかりやすく翻訳し、お伝えします!

記事一覧を見る(3117件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs