BTS(防弾少年団)のV(ブイ)が生み出した造語「ボラヘ(보라해)」を、とある企業が商標出願に乗り出すという驚きの事実が知らされた。その後、この企業は商標出願を諦め、潔く謝罪している。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTSのV(ブイ)も、ARMY(アーミー/BTSのファン名)も、耳を疑う出来事が起きていた。

「ボラヘ」の生みの親、Vも驚きの出来事が起きた

「ボラヘ」の生みの親、BTS Vも驚きの出来事が起きた。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

5月31日午前、ネイル専門ブランド”ララリーズ”は、公式インスタグラムを通して「昨年2020年9月、弊社が出願した”ボラヘ”商標権出願に対し、BTSを愛しているファンの皆さんにご心配をおかけしたこと、心よりお詫びいたします」と謝罪。

「弊社は、K-POP発展のため“ボラヘ”の商標出願を放棄することを決定し、早急に取り下げ手続きをいたします」と続けた。また「これからも、韓国人としてBTSとK-POP発展のため、世界中のご健勝をお祈りします」と付け加えている。

これに先立ち、同月29日、BTSの象徴的ワードとも言える「ボラヘ」が、ララリーズによって商標特許出願されていたことが判明。これを受けて、BTSのファンダムであるARMYは、該当会社のホームページに商標特許出願中止を要求した。

これ以外にも、特許庁に直接「ボラヘ」商標権出願の停止申請を求めるファンも。

最終的に、特許出願を取り下げたことを知った韓国のネットユーザーは「分かっていながら、なぜそんなことをしたの?」「ノイズマーケティングとしか思えない」「他人のものを盗むのはやめてほしい」「善良な雰囲気を出して放棄してるの笑える」などの反応を見せた。

「ボラヘ」は、2016年にメンバーのVが生み出した造語である。2016年11月に行われたBTSのファンミーティングで紫色に染まった客席を見て、「ボラヘ」と口にしたV。

(関連記事)BTS Vが生み出した「보라해(ボラヘ)」..アメリカメディアが称賛!!

この言葉には「虹の最後の色である紫のように、相手を信じて、互いに末永く愛し合おう」という大切な意味が込められている。

おそらく世界中で、ほとんどのBTSファンが知っている言葉だ。

造語であるこのキーワードを、あたかも偶然に生み出すというのはにわかに信じがたい。ネットユーザーも発していたように、ノイズマーケティング狙いか、ARMYへの宣伝目的か‥特許出願取り下げの謝罪文にも、社会貢献したかのようなそぶりが垣間見え、いずれにしても、悪質な行為という印象は否めない。

日本でも、有名になったキーワードをすぐに特許出願し、当事者に使わせないという行為が時折ニュースとなる。この行為に果たしてどんな意味があるのか、まったく共感できないし、したくもないのだが‥。

一件落着したものの、「ボラヘ」を商標出願したらどうなるか、想像力の欠如したこの出来事で、ファンは余計な苛立ちを覚えることになり、後味の悪いニュースなのであった。

TOPSTAR NEWS 提供
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2510)






ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs