BTS(防弾少年団)のV(ブイ)が、米ホワイトハウスでの日程を終えた後、俳優のカン・ドンウォンが出演する映画『ベイビー・ブローカー』のVIP試写会に出席した。Vはインスタグラムを通して、カン・ドンウォンとの動画を公開し話題になっている。

BTS(防弾少年団)のV(ブイ)が、俳優のカン・ドンウォンと撮った動画を掲載し、和やかなビジュアルと友情を誇示した。

フォトタイムでポーズをとるV

映画『ベイビー・ブローカー』の試写会を訪れたV(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

6月2日、Vはカン・ドンウォンの招待で映画『ベイビー・ブローカー』のVIP試写会に出席。彼は試写会に出席するため、米ホワイトハウスでの”反アジア憎悪犯罪対応法案”の面談日程を終えた後、他のメンバーより早く韓国に帰国した。

Vはアラブ首長国連邦のアブダビを経由し、飛行時間だけでも22時間かかる辛い日程にも関わらず、『ベイビー・ブローカー』のVIP試写会の時間に合わせ到着し、義理を誇った。

試写会の会場にVが登場した瞬間、カメラのフラッシュとファンの声援で溢れ、ワールドクラスの人気を立証。

フォトゾーンに立ったVは、降り注ぐカメラのフラッシュの中で、約2分間様々なポーズをとりオーラを発散し、現場にいた記者とファンを驚かせた。Vを撮影した動画には、撮影記者の感嘆の声が盛り込まれ、現場の熱い雰囲気が伝わる。

試写会が終わり、夜遅くVはインスタグラムに映画が上映される前にカン・ドンウォンと撮った動画を掲載。韓国映画界とK-POPの、”ビジュアル代表”である2人の和やかな姿は、人々に驚きとときめきを与えた。

Vは動画の中で「楽しみです」と言いながら明るい笑顔を見せ、カン・ドンウォンも共に笑顔で手を振り、視線を捕らえた。

カン・ドンウォンとの動画を公開したV

Vがカン・ドンウォンとの動画を公開した(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS、画像出典:V Instagram)

Vとカン・ドンウォンのツーショットは、今回が初めてではない。

去る4月、Vは米ラスベガスで開催された”マイケル・ジャクソン ワン(Michael Jackson ONE)”をカン・ドンウォンと観覧した後、”居昌(コチャン)の弟”、”居昌(コチャン)の兄”という言葉とともに写真を掲載し、ファンを驚かせた。

(関連記事)「田舎の成功者」BTS V ロールモデルだった’コチャン兄’と米で2ショット!

2人の間には、”慶尚南道(キョンサンナムド)居昌”という共通点がある。

Vは幼い頃、居昌で過ごし、カン・ドンウォンは居昌高等学校の出身で、幼い頃Vのロールモデルであった。

これについてVは、「カン・ドンウォン先輩を見て、居昌でもこんなうまくやっていけるんだなと思った」と明かしたことがある。

Vが、経由による長時間のフライトを甘受して、『ベイビー・ブローカー』のVIP試写会に参加したことが知られると、世界中のファンが『ベイビー・ブローカー』に爆発的な関心を見せた。

”KIM TAEHYUNG AT VIP PREMIERE”がワールドワイドトレンド1位、および各国のトレンドを飾り、6月3日午前現在もトレンド入りしている。中国のソーシャルメディア新浪微博(シンラン ウェイボー)でも、人気検索ワードで4位に上るなど、熱い反応を見せている。

(TOPSTARNEWS ファン・ソニョン記者 / 翻訳:星野谷慧)

TOPSTAR NEWS 提供
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。




BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2750)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs