BTS(防弾少年団)のメンバー、V(ブイ)の誕生日のためにグローバルファンのお祝いムードが高まっていることは、当サイトでも既報の通り。そんな中、中国ファンが新たな手法でサポートを行い、注目を浴びている。その内容とは? (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

「次の駅は‥BTS(防弾少年団)V(ブイ)の誕生日を祝います」

韓国の地下鉄とバスで、Vへの誕生日祝福コメントが流れるという

韓国の地下鉄とバスで、BTS Vへの誕生日祝福コメントが流れるという。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

12月、ソウル市内の地下鉄およびバス停の案内放送で、Vの誕生日を祝う音声広告が流れるという。

(関連記事)BTS V 誕生日のお祝いムード高まる‥米TS広告から航空機の機内誌まで!

地下鉄ホームの広告に、アイドルの誕生日広告が”放送”されるのは初めてであり、地下鉄とバスで同時に行われるのも韓国では初のこと。

12月14日、Vの中国最大のファンクラブ”CHINA Baidu Vbar”は、ソウル市内のホットプレイスをカバーする合計17のバス停と地下鉄の駅で、交通案内放送に誕生日広告を企画することになったと明らかにした。地下鉄のホームとバス停の音声案内に、祝福コメントが挿入されるそうだ。

バス停は全10駅で、12月15日から30日まで1日11550回、地下鉄は全7駅で、12月20日から30日まで1日3150回放送される。年末のゴールデンタイムに行われる今回のプロモーションは、約1000万人の乗客を対象に広告効果が期待されると伝えられた。

広告が行われるバス停は、1日にバスが計2250台経由する弘大(ホンデ)入口駅、合井(ハプチョン)駅、祠堂(サダン)駅、江南(カンナム)駅交差点、漢陽(ハニャン)アパート狎鴎亭(アックジョン)ロデオ駅、汝矣島(ヨイド)駅、新論峴(シンノンヒョン)駅(旧)教保(キョボ)タワー交差点、新村(シンチョン)駅、漢江(ハンガン)大橋北端lgユープラス(HYBE正門)駅だ。

また地下鉄ホームの音声広告は、2号線の駅三(ヨクサム)駅、合井駅、新村駅、乙支路(ウルチロ)入口駅、聖水(ソンス)駅、蚕室(チャムシル)ナル駅、4号線の新龍山(シンヨンサン)駅で実施される。

特にBTSの所属事務所である、HYBE社屋が位置するHYBE正門バス停と新龍山駅、Vの『新村クリスマス ストリートフェスティバル』サポートゾーンが観覧できる新村駅が含まれており、訪問者にとってもう一つの楽しみになると思われる。

“CHINA Baidu Vber”は、伝統的な広報方式ではなく交通案内放送を利用するという、画期的なサポートを選択。ソウル交通公社側と数カ月間の協議の末、最終的に承認を得て今回のプロモーションが実現したと伝えた。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2052)

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs