BTS(防弾少年団)のV(ブイ)が、12月30日に誕生日を迎えるに当たり、グローバルファンのお祝いムードが高まっている。今年も航空機の機内誌全面広告や、米ニューヨークタイムズスクエアの超大型誕生日広告などで、大々的に誕生日を祝っている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTS(防弾少年団)のV(ブイ)が12月30日に誕生日を迎えるに当たり、グローバルファンのお祝いムードが盛り上がりを見せている。

V(ブイ)のバースデー月間でファンはすでに大盛り上がり!

BTS V(ブイ)のバースデー月間でファンはすでに大盛り上がり!(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

Vのファンサイト”Belongto_V”は、12月27日から1月2日までの1週間、米ニューヨークのタイムズスクエアに超大型誕生日広告を出稿。

この広告は、タイムズスクエア最大のスクリーンであり、4K・HDを誇るマリオット・マーキスホテルのSILVERCAST MEDIA(シルバーキャストメディア)で、1日に18時間配信される予定だという。

SILVERCAST MEDIAのスクリーンは昨年、中国最大のファンクラブ”BAIDU V BAR(バイドゥ・V・バー)”が、K-POPアイドルでは世界で初めて彼の3D誕生日広告を出し、注目を集めた場所だ。

また”Belongto_V”は、目を引く広告の話題とともに、気配りの手を差し伸べる心温まるエピソードも伝えた。

子どもたちが色鮮やかな世界で、美しい歌を歌うことを願い、”防弾少年団 キム・テヒョン”の名で、子どもたちのためのミュージックスクールと、アートスクールに寄付金を贈呈したことを明かす。

さらに12月1日から2月2日までの3カ月間、ティーウェイ航空の国際線及び国内線において、計3万部の機内マガジンへの全面広告も実施中だ。

そしてファンサイト、”ByMySide_KookV”も機内マガジン広告に参加。11月1日から12月31日までの2カ月間、済州航空全便の機内マガジン計16万部に全面広告を掲載する。

機内マガジン広告は、低迷する航空業界の収入源として優れた打開策となっており、飛行機を利用するファンにとっても、楽しい”旅のお供”になっているという。

BTSは米ロスでのオフラインコンサートを成功裏に終え、所属事務所は年内の公式日程が全て終了したことを報告。メンバーは、2019年に続き2回目となる長期休暇に入り、デビュー後初めて家族と年末年始を過ごす時間を持つと伝えられた。

そして十分休養した後は、2022年3月に韓国でオフラインコンサートを予定していることも付け加え、ファンを喜ばせている。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1865)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース