BTS(防弾少年団)のジョングクが、アメリカの女優から愛の告白を受けた。国籍も性別も問わず、グローバルな愛を受けるジョングクに、改めて注目が集まっている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTS(防弾少年団)のジョングクが、アメリカの女優から愛の告白を受けて注目されている。

SNSを通して愛の告白をされたジョングク。

SNSを通して愛の告白をされたBTSジョングク。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

最近、アメリカのアカペラ女性グループ、シチズンクイーン(Citizen Queen)のメンバーであり女優のニーナ・アンド・ネルソン(Nina Ann Nelson)が、自身のツイッターアカウントを通して、ジョングクが”推し”であることを明かした。

彼女は「this bucket hat is a jungkook bias declaration♥️#jk#bts (このバケットハットはジョングク愛してるっていう告白)」という文と写真2枚を投稿。

該当の写真には、ニーナがデニムの帽子をかぶって芝生に座り、スタイルの良さと美貌をアピールしている。

特に目を引いたのは、いつもジョングクが着用しているお気に入りであり、トレードマークアイテムでもあるバケットハットをかぶり、愛の告白をしたことだ。

同日早朝、彼女はFILAの広告のジョングクの写真と「Now that’s what I call a man(これこそ真の男よ)』というメッセージをアップして愛情をアピール。

10月10日には「i look at this photo and immediately blush i- sos(この写真を見てすぐに顔が赤くなっちゃった)」という意味深なコメントで、ジョングクへ格別な愛情を表し、5800人以上から”いいね”を得て大きな注目を浴びた。

該当の書き込みには、同じくジョングクファンと思われる人たちから「熱烈歓迎します」「ファミリーになった事を歓迎します」「絶対的なジョングク」「ハンサムでセクシーな男、その通り」「ジョングクのかわいくて優しい笑顔がとても好き」などのコメントが寄せられた。

ジョングクは、ベトナムのガールグループLIME(ライム)のメンバーEmma(エマ)、フィリピンの女優Shaira Diaz(シャイラ・ディアス)、Liza Soberano(ライザ・ソベラノ)、Mikee Quintos(マイキー・キントス)、Bianca Umali(ビアンカ・ウマリ)、有名クリエイターでありユーチューバーのNiana Guerrero(ナイアナ・ゲレロ)、インドネシアの人気女優でありモデル兼歌手のSyifa Hadju(サイファ・ハジュ)、歌手兼俳優のTiara Andini(ティアラ・アンディニ)、ミス・アラバマ出身の俳優兼ユーチューバーのJesica Ahlberg(ジェシカ・アールバーグ)、アメリカの俳優Maisie Williams(メイジー・ウィリアムス)など、世界各国の女優、モデル、歌手などからラブコールを受けており、男性セレブからも愛されるほど、性別や国籍を問わず、グローバルな人気を保有している。

そしてまた一人、ジョングクの虜になった有名人が加わることとなった。

TOPSTAR NEWS 提供
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2560)










ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs