BTS(防弾少年団)メンバーのV(ブイ)が、カナダのシンガーソングライターであるジャスティン・ビーバーの新曲『Holy(ホリー)』の即席カバーを披露し、世界中のファンの耳をとろけさせた。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTS(防弾少年団)のV(ブイ)が、ファンの心をときめかせた。

即席で美声を聴かせ、ファンの耳を溶かしたV

Vは即席で美声を聴かせ、ファンの耳を溶かした。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

1月28日、BTSはインドネシア最大の電子商取引を行っている企業、”Tokopedia(トコペディア)”の『WIB(Waktu Indonesia Belanja) TV SHOW』に出演し、前編に続いてメンバー別クイズコーナーに登場した。

Vはメンバーに、「僕が、最も大きな影響を受けているアーティストは誰?」という質問を出し、”パン・シヒョク”Big Hitエンターテインメント首長の名に対しては、断固として「ブー」と叫びメンバーを爆笑させた。

カート・コバーン(Kurt Cobain)、ジョン・レジェンド(John Legend)など、Vの練習生時代のロールモデルだったトップアーティストたちの名も挙げられたが、正解はジャスティン・ビーバーだった。

これに対してVは「ロールモデルは、名称だけでただ好きな人。(ジャスティンは)アーティストたちの輝くオーラにチャレンジ精神を持った」と、彼の新曲『Holy』が好きな理由も明かしている。するとBTSメンバーが、Vに歌のリクエストをして、アカペラで短い即興カバー曲を披露。

甘い眼差しと、クールボイスで聴かせた『Holy』にメンバーはもちろん、世界中のファンが熱狂的な反応を見せた。この日の放送後、Google(グーグル)ワールドワイドのトレンドには、”Tokopedia”に関する急上昇トピックで”V-Singer”がトップ5に登場し、Vに注がれた世界からの関心が立証された。

アメリカの芸能メディア『エリート・デイリー(Elite Daily)』は、「Vがジャスティン・ビーバーの『Holy』を聴かせて、ARMY(アーミー:BTSのファン名)たちを虜にした」とし「カバー曲の長さは短かったが、メンバーの感嘆を引き出すには十分な時間だった」と評している。

また、「Vの、天使のようなボーカルに感銘を受けたARMYは、いつか彼が最後まで歌い切ったカバー曲を出すことを願っている」と付け加えた。

Vがジャスティン・ビーバーの曲をカバーしたのは、今回が初めてではなく、以前にも『One Less Lonely Girl』、『Sorry』、『where Are U Now』などの楽曲を披露している。

TOPSTAR NEWS 提供
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2510)






[su_spacer size=”30″]

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs