BTS(防弾少年団)が、米ビルボードのメインシングルチャート”Hot 100″で10週連1位を獲得。これにより、8週間1位を獲得したオリヴィア・ロドリゴの『Drivers License』を抜き、”今年最も多く1位を獲得した曲”となった。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTS(防弾少年団)が破竹の勢いだ。米ビルボードのメインシングルチャート”Hot 100″1位を、10週連続で守り抜いている。

BTS

BTSがビルボード”Hot 100″で10週連続1位を獲得。これにより『Butter』は今年最も多く1位を獲得した曲に。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

米ビルボードは8月2日(現地時間)、公式ホームページで「BTSのデジタルシングル『Butter』が、最新チャート(8月7日付)で、通算9回目の”Hot 100″1位になった」と報じる。これにより、1月から3月に渡って8週間1位をキープしていたOlivia Rodrigo(オリヴィア・ロドリゴ)の『Drivers License』を抜き、”今年最も多く1位を獲得した曲”となった。

本作は、6月5日にチャート入りと同時に”Hot 100″で1位となり、7週連続でトップの座を守り続けていたが、7月24日、自らがリリースした新曲『Permission to Dance』に1位を受け渡し、”1位をバトンタッチ”という珍しい記録を打ち立てる。すると7月31日付のチャートでは、『Butter』がトップに返り咲き、最新チャートでも再び1位を獲得。

BTSは、ストリーミング、ラジオでの放送回数、音源販売量など、多様な数値を総合し、米国で最も人気のある楽曲ランキングを決める”Hot 100″チャートにおいて、2曲で10週間トップを守り続け、米国内での熱い人気と、安定した影響力を立証している。また『Butter』は、デジタルソングセールスチャートでも1位を9回獲得している。

ビルボードは、音楽と音楽ビデオ販売の追跡システム”MRCデータ”を引用し、「7月29日までの週間集計で、『Butter』の米国内ダウンロード数11万2900件、ストリーミング回数810万件、ラジオ放送のリスナー数は3050万人と集計された」と説明。

BTSは、昨年リリースした『Dynamite』で、韓国アーティスト初となるビルボード”Hot 100″1位を3回獲得して以来、フィーチャリングに参加した『Savage Love』のリミックスバージョン(1回)、アルバム『BE』のタイトル曲『Life Goes On』(1回)、『Butter』(9回)、『Permissionto Dance』(1回)で”Hot 100″のトップに立っており、今回で通算15回目となる。

ビルボードで新たな歴史を刻み続けるBTSは、10カ月半の間に5曲が”Hot 100″で1位を記録。これは、1987~88年のマイケル・ジャクソン(9カ月半)以来、最短期間での記録更新となった。また、”ホットショットデビュー(チャートインと同時1位)”以降、7週間以上1位をキープし、自らの別楽曲で1位を達成したソロアーティスト以外のグループとしては、62年のビルボード史上、BTSが唯一だという。

(関連動画)BTS 新デジタルシングル ‘Butter’ MV遂に解禁!

Billboardの公式ホームページを見る(外部リンク)

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2190)


[su_spacer size=”30″]



この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs