ボーイズグループBTOBのリーダーであるソ・ウングァンが、チョン・イルフンの麻薬容疑及び脱退決定後の心境を明かした。

BTOBのリーダーを務めるソ・ウングァンが、メンバーのチョン・イルフンの麻薬容疑によるグループの脱退後、心境を告白した。

騒動後、初めて心境を明かしたウングァン

騒動後、初めて心境を明かしたBTOBウングァン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

ソ・ウングァンは、個人のインスタグラムを通して「すごく辛いですよね?」とファンを気遣う言葉を残した。

また「言いたいことはたくさんあって、どうやって伝えたらいいのか分からない」と明かし「ただ、いつもそばで信じて付いて来てくれて、心から申し訳なく、ありがたい、そして愛してます」と伝えた。

「僕はリーダーとして、もっとしっかり真心を尽くしてMelody(メロディ:BTOBファン名)の行く手で、いつも笑いの花だけいっぱい咲かせます。真心を尽くして愛します」と、ファンのために愛情を表現している。

ソ・ウングァンが残した言葉は、先日脱退を発表したチョン・イルフンに関連する事件のためだと解釈されている。

チョン・イルフンは、4、5年前から昨年まで知人たちと常習的に大麻を吸っていた事が明らかになった。捜査網から逃れるため、現金ではなく仮想通貨を利用して購入していたという事実も判明し、衝撃を与えた。加えて捜査途中で軍入隊を選択し「逃避性の入隊」という疑惑まで発生してしまう。

これに対してBTOBの所属事務所であるCUBEエンターテインメントは、チョン・イルフンの麻薬容疑に対して「知らなかった」と伝え「重い責任を感じ、今後進行される調査には誠実に従い、捜査終了まで任務を全うする」と明かした。

(関連記事)気早な韓国ファンに対抗?BTOB日本のファンがチーム存続の署名サイトを開設

これ以降、チョン・イルフンへBTOB脱退要求が続き先月31日にCUBEが「これ以上グループに迷惑をかけたくないという、本人の意見を尊重し、本日を以てグループ脱退を決めた」と発表。今後BTOBは6人体制で活動をしていく予定だという。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

BTOB(ビートゥービー)

BTOB(ビートゥービー / ハングル 비투비)は、CUBEエンターテインメント所属の7人組男性アイドルグループで、2012年3月にデビュー。

BTOBというグループ名は「Born To Beat」の頭文字を組み合わせたもので、「新しい音楽(ビート)とステージを披露するために生まれた」という意味が込められている。ファンの名称は”Melody”。

2020年12月、メンバーのイルフンが、大麻吸引の疑いで警察に摘発された事実が発覚。本人の意向で、12月31日にグループ脱退を発表。現在は6人体制となっている。

BTOB(ビートゥービー) 最新記事はこちら(75)







[su_spacer size=”30″]

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs