東方神起(TVXQ)、SHINee(シャイニー)、EXO(エクソ)など、日本でも絶大な人気を集めるアイドルが多く所属する、韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント。しかし近年、同社の日本での業績が悪化していると韓国メディアが報じている。

BoA、東方神起(TVXQ)、SUPER JUNIOR、少女時代(SNSD)、SHINee、EXO‥。

韓国を超え、ここ日本でも金字塔を打ち立てたSMエンターテインメント(以下、SM)のアイドルたちである。

東方神起

BoA

SHINee

SMエンターテインメント所属アイドル。(上から)東方神起、BoA、SHINee(画像出典:各公式FaceBook)

K-POPが本格的に躍動し始めた2010年前後、日本の音楽市場におけるK-POPアーティストは、SMアイドルか、非SMアイドルかと大別されていた。

まさにK-POP界の”アベンジャーズ”を擁した絶対王者として、揺るぎない地位を築き上げたSM。

しかし近年、SMの業績に黄色信号が灯っているようだ。韓国メディアが、同社の日本での業績が悪化していると報じている。

かつて、SM全体収益の45%を占めていた日本での売上が、現在は約12%にまで下がっているという。

去る8月19日、韓国の投資市場分析専門メディアであるthebellニュース(thebell.co.kr)は、SMの上半期業績をこう伝えた。

同メディアによると、韓国国内の売上は2470億ウォン(約225億円)に対して、日本での売上が367億ウォン(約33億円)を記録しており、日本での業績の”減速ぶり”が顕著だという。

不振の原因としては、やはり新型コロナウイルスの感染拡大による、公演自粛によるものと見られている。そのため、コロナ禍の収束とともに、業績は復活するだろうと見解を示している。

ただし、所有しているSMの株を売却する意向を見せている総括プロデューサーのイ・スマン氏にとって、日本での業績悪化は悪材料になりうるそうだ。

(関連記事)「イ・スマンが手放したい?」SMに4兆W売却説浮上・・買い手はHYBEかCJか

イ・スマンはSMエンターテインメントの統括プロデューサー

SMエンターテインメントの統括プロデューサー、イ・スマン(画像出典:SMエンターテインメント)

KAKAO(カカオ)グループやCJグループなどがSMの買収に名乗りを上げており、これら企業がSMを高く評価する背景には、日本市場におけるSMのすさまじい影響力があるという。

だが、近年の業績悪化により、企業価値の低評価による交渉の難航を避けるため、必死に日本市場に取り組まなければならないと、同メディアは予測している。

そのため、収益の多角化が進んでおり、SM傘下のDearUが開発・ローンチしたファンコミュニティープラットホーム『Bubble(バブル)』が、その突破口となる見込みだ。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

SMエンターテインメント 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース