「PRODUCE X 101」や「アイドル学校」など、投票操作疑惑に包まれているMnetのオーディション番組が、来年上半期に新たなサバイバルオーディション番組を準備していると伝えられ、ネットユーザーたちから「警察の捜査は終わったの?この時期に発表するMnetのメンタルがすごい..」などの反応が寄せられている。

最近、投票操作疑惑に包まれて世間を騒がせているMnetのサバイバルオーディション番組だが、来年新しいオーディション番組を放送すると報じられてネット上で賛否を巻き起こしている。

10月21日、韓国の各種芸能媒体によると、Mnetが2020年上半期の放送を目標に、ティーンエージャーのためのジェネレーションショーであるサバイバル番組「10代歌手(仮題 십대가수)」を準備しているという。

2020年上半期に放送予定の「10代歌手」(画像出典:Mnet)

「10代歌手」は、10代が歌って10代が直接選ぶ、“10代の、10代による、10代のための、10代のボーカルを選出するプログラム”だそうだ。

Mnetは「10代歌手」を通じて、アマチュアや一般人でも実力で注目されることができる機会を提供し、音楽に対する情熱と初々しさを持つ実力のある10代ボーカルたちの登竜門の役割となる計画だ。

Mnetは今まで「SHOW ME THE MONEY(쇼미더머니)」「高等ラッパー(고등래퍼)」「プロデュース(프로듀스)」シリーズなど多彩なジャンルを通じてオーディション番組をヒットさせてきたが、最近「アイドル学校」や「PRODUCE X 101」の製作スタッフたちによる投票操作疑惑に包まれて波紋を呼んでいる。

このような中でネットユーザーたちは、

「またMnetがオーディション番組を?」
「誰がこんな放送を信じるだろうか」
「警察の捜査は終わったの?」
「Mnetのメンタルがすごい..」
「本当に懲りないですね..」
「今度は信じてみようか」

など様々な反応が寄せられており、現在、Mnet「PRODUCE X 101」の製作スタッフに警察捜査が進められている中で、新しいサバイバル番組が10代の参加者たちと視聴者たちから良い反応を得ることが出来るのか注目される。

「10代歌手」は、最近の10代が好きな歌声や、熱狂する歌など、音楽を通じてティーンエージャーの考えや好みを公開し、既存の審査とは違った新鮮で創意的な審査を期待しているとのこと。

Mnetは11月24日まで10代の新しいアイコンになりたい「10代歌手」の志願者を募集。

2001年1月1日から2010年12月31日までに出生した、歌を愛する10代ならば誰でも志願が可能だそうだ。

歌を歌っている映像と共に「10代歌手」のホームページでダウンロードした志願書を公式メールアカウントに送信すれば志願が完了する。

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP男性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース