Danmeeでは、ネットユーザーを対象に”「あの時〇〇〇に惹かれK-POPに入門した・・」そのアイドルを教えてください”というテーマで調査を実施しました。今回は調査期間の2022年11月18日(金)~11月25日(金)に行われた投票の結果をご紹介します。

紅白歌合戦に韓国アーティストが出場するなど、日本でも根強い人気を誇るK-POP。

最近は韓国料理や韓国文化が身近な存在になり、K-POPもメジャーカルチャーとして生活に広く浸透しています。

しかし、K-POP歴や最初に好きになったアーティストは人によって様々!

[expander_maker id=”1″]

そこで、Danmee(ダンミ)では、ネットユーザーを対象に”「あの時〇〇〇に惹かれK-POPに入門した・・」そのアイドルを教えてください”というテーマで調査を実施しました。

K-POPファンの思い出の入門アイドルに選ばれたのは?

K-POPファンの思い出の入門アイドルに選ばれたのは?

●投票期間は2022年11月18日(金)~11月25日(金)
●有効回答数:2166票
●投票ページ:https://danmee.jp/survey/kpop-first-idol/

果たしてどのような結果になったのでしょうか。

K-POPを愛する皆さんが、ハマるきっかけとなったアイドルを確認していきましょう。

1位 東方神起

東方神起が1位に輝いた

根強い人気を誇り、1位に輝いた東方神起(画像出典:東方神起 公式Instagram)

見事1位に輝いたのは、K-POPアイドルを日本に定着させたパイオニアの東方神起(TVXQ)でした!

投票では、全体の54.20%である1,174票を獲得しており、2位と圧倒的な差をつけてのランクインとなっています。

東方神起は2003年に結成。2005年4月27日に日本1stシングル『Stay With Me Tonight』を発売し、日本デビューを果たしました。

歌唱力やレベルの高いダンスパフォーマンスでファンを惹きつける

レベルの高いダンスパフォーマンスや、歌唱力でファンを惹きつける(画像出典:東方神起 公式Instagram)

レベルの高いダンスパフォーマンスや、歌唱力、さらにメンバーのビジュアルが人気を呼び、日本にK-POPブームを巻き起こした東方神起。

バラエティー番組にも積極的に出演し、流暢な日本語でトークを披露したり、メンバー同士仲良くじゃれあう様子が度々話題となりました。

2010年8月からは現在のユンホ、チャンミンの2人体制となりましたが、変わらぬ人気を確立し、現在も多くのファンから支持されています。

2位以下の結果はこちら

2位 2PM(ツーピーエム)
3位 BIGBANG(ビッグバン)
4位 SUPER JUNIOR(スーパージュニア)
5位 少女時代
6位 KARA(カラ)
7位 SHINee(シャイニー)
8位 BoA(ボア)
9位 2NE1(トゥエニーワン)

回答していただいた方の年齢比率

回答していただいた方の年齢比率

今回のアンケートに投票した方の年齢比率は、10代は6%、20代は9%、30代13%、40代24%、50代34%、60代以上は14%という結果になりました。

40代〜50代の方の割合が高く、長年K-POPアイドルの成長を応援してきた方も多いのではないのでしょうか?

皆さんの思い出の入門アイドルは何位にランクインしましたか?

Twitter上には今回のアンケートに参加し、「当時を思い出して懐かしい」と過去を振り返る声が続々と上がっています。

K-POP第4世代など数々のニューフェイスが目まぐるしく活躍しているからこそ、歴代アイドルの活動にも期待していきたいですね。

アンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

【調査中】そろそろ決めようじゃないか!新・韓流四天王決定戦【2名まで選択可】

松原すずの

K-POPや韓国ドラマ関連の記事を投稿している松原すずのです。日頃から韓国芸能情報をチェックし、アイドルの活躍や新ドラマの配信を楽しみにしています。トレンドを通して、韓国文化の魅力を伝えられるような記事執筆を心掛けています。

記事一覧を見る(292件)




[/expander_maker]

ご意見を自由にコメントしてください!

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs