K-POPファンにとって避けては通れない、”推しの入隊”。日本では馴染みのない”軍隊”という中での生活、それは一体どういうものなのだろうか。今回、韓国メディアの毎日経済が興味深いニュースを報じていたので紹介したいと思う。

多くのK-POPファンにとって、避けては通れないのが”推しの入隊”だ。
俳優のパク・ボゴム、ボーイズグループBTOB(ビートゥービー)のユク・ソンジェなど、国外にもファンを持つトップスターたちも現在、国防の義務を果たしている。

また、SHINee(シャイニー)のテミンが今年5月に入隊することを発表し、これに関連して、BTS(防弾少年団)やMONSTA X(モンスタエックス)など、人気ボーイズグループらの入隊時期が気になってしまうK-POPファンも多い。

(関連記事) BTS 来年同伴入隊報道に日韓の反応が分かれた理由‥韓国ファンのヒステリー

SHINeeのテミンは5月に入隊することを発表した

入隊を発表したSHINeeのテミン(画像出典:SHINee公式twitter)

日本では馴染みのない”軍隊”という中での生活、それは一体どういうものなのだろうか。今回、韓国メディアの毎日経済が興味深いニュース、「軍隊での食事について」報じていたので紹介したいと思う。

あまりにも質素? 空きが目立つ容器で配られるお弁当

毎日経済の報道によると「軍服務中の兵士に提供された食事量が不十分だ」という議論が起きているそうだ。

休暇から戻った陸軍の兵士が、SNSを通じて支給されたお弁当の画像を掲載した。
該当画像には、ご飯と鶏肉の炒め物、キムチ、きゅうりの和え物などが入っているのだが、これを見たネットユーザーから「1人の兵士が食べるにしては、ご飯の量が十分でない」という指摘の書き込みがあった。

議論が巻き起こった軍隊の"食事"

軍隊の”食事”と関連して議論が巻き起こった(画像出典:JTBC News YouTube動画キャプチャー)

投稿した陸軍の兵士は「携帯電話を返却し、テレビもなく、食事はこんな感じで‥刑務所よりひどい」とし「休暇に行ってきたのが罪なのか」と怒りをあらわにしていたという。
この兵士は休暇から戻ってきた後、新型コロナウイルスの防疫措置によって隔離中の状態だそうだ。現在は軍内の距離を置く措置により、外泊や面会は厳しく制限されている。

該当の書き込みには、隔離中の別の兵士らが受け取ったお弁当の写真が相次ぎ、そこに写っている弁当の容器は空っぽの部分が目立っているという。ある兵士は「国のために苦労するのに惨めだ」とし「国防費はすべてどこに使われるのか」と複雑な心境を吐露しているそうだ。

兵士の1日の給食費は8,493ウォン。これって少ない?

同メディアは「兵士の1日の給食費は8,493ウォン(日本円で約820円)」と報じている。

この金額を見ると一見、少ないと思われるかもしれない。
実は、軍が購入するものには税金の優遇があるそうだ。つまり市場で買う金額よりも安価で購入ができる。しかも食事の材料となると、あらかじめ大量発注しているため、さらにお得に購入することができるそう。

これを考えると、1日の給食費はそこまで低いとは考えにくい。このことから、兵士やその家族から不満や抗議する声が届いている。

これを受け、軍人人権センターは「兵士1人基準の1日の給食費は2017年よりも13.5%ほど上昇している」とし、「しかし、安価な調達単価中心の給食費算定と調理人不足などで食事の質が改善されずにいる」と指摘した。

また、同センターのイム・テフン所長は「隔離人員の食事は外部の弁当業者を通じて別に購買されたものではなく、兵士の給食を弁当箱に入れて別途配食したものとみられる」とし「国防部は全軍の隔離人員の衣食住保障問題に対する全般的な点検を実施しなければならない」と述べたそうだ。

これから入隊を控えている”推し”がいるファンには、もしかしたら、自分の”推し”もこのような質素な食事で過ごすのかもしれない、と心配になる方もいるだろう。だが、すでに改善点は見えており、この先は安心して軍服務に集中できる環境になるのではないだろうか。



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP男性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース