歌手キム・ジェジュンが、新型コロナウイルスに関連した”嘘”で世間を騒がせてから1年が経った。当時、多くの賛否を巻き起こしたが、今韓国ではキム・ジェジュンに対して応援の声が高まっているようだ。

4月1日はエイプリルフール。

年に1度だけ”ウソ”が許される日‥ということで、様々な企業や芸能人が”楽しいウソ”で人々を楽しませているが、中には斬新(?)な冗談で周囲から冷ややかな目を向けられる人もいる。

昨年4月1日、新型コロナウイルスによる新型肺炎が世界的に流行の兆しを見せはじめたころ、歌手キム・ジェジュンがコロナに関連する冗談を言い、彼のイメージに大きな打撃を与えた。

昨年コロナに関連する冗談で人々を驚かせたキムジェジュン

キム・ジェジュンは、昨年コロナに関連する冗談で人々を驚かせた(画像出典:キム・ジェジュン Instagram)

キム・ジェジュンは当時、自身のインスタグラムに「僕はコロナに感染しました。政府や周囲から注意されたすべてのものを無視したまま生活した僕の不注意でした」という文を掲載。

しかし、この投稿によって波紋が広がると、すぐにキム・ジェジュンはエイプリルフールの冗談であったと明かし、「エイプリルフールの冗談にしてはやりすぎたけど、短時間で多くの方々が心配してくれました。これ(コロナ感染)は絶対に他人事ではありません。 この文章によって受けるすべての処罰は甘んじて受け入れます」と解明し、彼なりにコロナの警告を鳴らすための”善意のいたずら”だったことが判明。

(関連記事)ジェジュン、新型コロナ感染は嘘‥すべての処罰は甘んじて受け入れる

この出来事から1年が経った今、韓国のネット上では彼の騒動に触れるファンはほとんどおらず、逆にキム・ジェジュンが過去に語った言葉に関心が寄せられているようだ。

3月30日、オンラインコミュニティー”theqoo”では「キム・ジェジュン、地上波放送でお会い出来たら嬉しいですね‥僕がたくさん努力します」というタイトルの掲示物が登場。

そこには、インスタグラムでライブを行いながら「努力、感謝、熱心」という言葉を繰り返すキム・ジェジュンのキャプチャーが幾つか掲載されている。

韓国で話題になっているキムジェジュンがインスタライブで語った内容

キム・ジェジュンがインスタライブで語った内容が韓国で話題に(画像出典:オンラインコミュニティー)

キム・ジェジュンは、ライブの中で「たくさんのファンの方が応援してくださり、感謝をしながら頑張って仕事をしています。ファンの皆さんの力が、さらに僕を後押ししてくれているようです」とし、「地上波放送でお会いできたら嬉しいですよね。僕がたくさん努力しないといけませんね。もっと頑張れば、いつでも出られるんじゃないかなと思います」とコメント。

続けて「これからも皆さんとたくさんコミュニケーションを取って頑張りますね」とし、「僕が幸せでなければ、他の人を幸せに出来ないじゃないですか。幸せにします、僕も皆さんも。どのようにしたら皆が幸せになれるだろうか‥といつも考えています」と語った。

キム・ジェジュンのライブ内容を目にした一部のネットユーザーからは「キム・ジェジュンの言葉に感動した」「ジェジュン、幸せになってほしい」「地上波放送で歌ってる姿が見たい」「ベテランアイドルなのに、変わらず努力している姿に心が温まる」「言葉選びが上手で、心も美しい」など、肯定的な反応が寄せられている。

2003年のデビューから現在まで、常に新しい姿を見せ続けようと努力するキム・ジェジュン。ファンたちは、誠実で優しく愛らしい彼の幸せを、心から望んでいるようだ。










Danmee公式SNS

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs