歌手のジェジュンが、新型コロナウイルスに感染したことは’エイプリルフール’による冗談だったと明かした。しかしこの嘘には理由があったようで‥。

歌手のジェジュン(ハングル 재중)が、度を越えたエイプリルフールのいたずらで、周囲を驚かせた。

エイプリルフールのいたずらで周囲を驚かせたジェジュン

感染してなくて何よりでした‥。(写真提供:©スポーツ韓国)

ジェジュンは本日(1日)、自身のインスタグラムで「僕はコロナ19に感染しました。政府や、周囲から注意されたすべてのものを無視したまま生活した、私の不注意でした」という文を掲載していたが、数分後にメッセージが変わり、エイプリルフールの冗談であったと明かした。

変更されたメッセージには、「エイプリルフールの冗談にしてはやりすぎたけど、短時間で多くの方々が心配してくれた。これ(コロナ感染)は絶対に他人事ではない。 この文章によって受けるすべての処罰は甘んじて受け入れる」と記載。

エイプリルフールなら冗談で済むが、新型コロナウイルスに感染したらそうはいかないのだ、という警鐘を、彼なりに鳴らしたかった結果のいたずらだったようだ。

4月1日のエイプリルフールは、軽いいたずらや嘘をついて遊ぶことが文化となっている。しかし今回の冗談は、どんなエクスキューズがあろうとも、少々やりすぎ感は否めない。

日韓情勢が複雑な中、日本で精力的に活躍しているアーティストなだけに、できればたたかれる必要のない雑音は起こしてほしくない。警鐘を鳴らすにも、もう少し違う方法があったのではないかと‥思うのであった。

ジェジュン 変更後 メッセージ全文

周囲の愛する人 私の大切な誰かがウイルスに感染された。

とても胸の痛むことです。

それにもかかわらず私は関係ない‥私は感染しないと無防備状態で街を闊歩して生活する人があまりにも多く、その人によって私の家族、知人が苦しむのはとても心配。自身と周辺は安全だという勘違いで、周囲のすべての事を苦しみに変えることができます。

現在私の親しい友人、関係者の方々も、ウイルス感染者が増え続けています。絶対に対岸の火事ではありません。

不注意による悲しい予感が現実になった時、その時は涙を洗い流すだけで終わることではないと思います。

現時点の警戒心。心に刻みましょう。

エイプリルフールの冗談でかなりやりすぎた気もしますが、短時間に多くの方々が心配してくれました。

絶対!!! 他人事ではありません。私を守ることが大切な人たちを守るという話をしたかったです。

この文章によって受けるすべての処罰は甘んじて受けます。皆が元気で暮らせますように。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。