『PRODUCE 101 シーズン1』が輩出したガールズグループI.O.I出身の歌手、チョン・ソミが、芸能事務所JYPエンターテインメントを退所した理由を明かし、話題を集めている。大胆な決断に対し、自身が思うこととは‥。

ガールズグループI.O.I(アイオーアイ)出身の歌手、チョン・ソミが、所属事務所のJYPエンターテインメント(以下、JYP)から退所した理由を明かし、話題を集めている。

事務所移籍の理由を歌手のチョン・ソミが明かした

歌手のチョン・ソミが明かした、事務所移籍の理由とは(画像出典:チョン・ソミ公式Instagram)

今月5日、チョン・ソミはYouTubeチャンネル『スタジオワッフル』の”ターキーズ・オン・ザ・ブロック”にゲストとして出演。番組MCからの際どい質問に笑顔で答えていた。

特に注目を集めたのが、「JYPにいたのに、出てきましたよね」という、事務所の退所にまつわる質問だ。

これにチョン・ソミは「こんな質問は初めて」と爆笑を見せ、「話してもいいのに、みんな慎重になって私に聞いてこない」と述べた。

これに続いて、チョン・ソミは「I.O.Iが終わってから、長い間活動をしなかった」とし、「それでYG傘下に行くことになった」とJYPを退所した理由について説明。

また、「後悔はしていないのか」という質問に対して、チョン・ソミは「まったくない」と答え、「今の会社はとてもいい。満足度も最高で、環境的な部分にも全く不満はない」と断言している。

MCからの「ソロデビュー後に人気が飛び出した」という言葉を受けたチョン・ソミは、「会社も飛び出した」と機転を利かせて答え、「新しい会社に私しかいないから、自然とソロでやることになった」と語っていた。

初のフルアルバム『XOXO』を先月29日に発売

先月29日に初のフルアルバム『XOXO』を発売(画像出典:チョン・ソミ公式Instagram)

元々は、JYPの練習生だったチョン・ソンミ。

ガールズグループTWICE(トゥワイス)が誕生したMnetの公開オーディション番組『SIXTEEN(2015)』や、日本でも人気の高いオーディション番組『PRODUCE 101(2016)』などに参加し、デビューを夢見て盛んに活動していた。

『SIXTEEN』では惜しくも脱落となってしまったが、『PRODUCE 101』では圧倒的な投票で最終順位1位を獲得。期間限定ガールズグループI.O.Iとして、念願の芸能界デビューを果たしている。

I.O.Iの活動をきっかけにJYPと正式な専属契約を結んだチョン・ソミは、I.O.Iの活動終了後も芸能人として活発な活躍を見せていた。

TWICEを継ぐJYPの次世代ガールズグループのメンバーとして大いに期待されたが、2018年8月にJYPとの専属契約を解除し、事務所を移籍。YGエンターテインメント傘下のレーベルであるTHE BLACK LABELと専属契約を結んだ。

その後、2019年6月に初のデジタルシングル『BIRTHDAY』を発表し、THE BLACK LABEL所属のソロ歌手として正式デビュー。

芸能事務所を移籍してからは本格的に音楽について学び、楽しみながら作詞、作曲にトライ。また、スタイリングやミュージックビデオ、歌、振り付けなどすべてに参加し、アーティストとしてさらなる成長を遂げている。

現在、一目を置かれる実力派女性シンガーとなったチョン・ソミは、2021年10月に初のフルアルバム『XOXO』を発売し、精力的な活動を見せている。

古巣を後にし、新たな場所でさらなる飛躍を遂げたチョン・ソミの今後の活躍に期待がかかる。









Danmee公式SNS

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs