CNBLUE(シーエヌブルー)のジョン・ヨンファが、2021年5月に契約したソウル市麻浦区上水洞にあるビルの所有権を、自身が設立したJYHエフェクトの法人名義に移転登記したと、韓国メディアが報道。これで彼は153億ウォンの建物主となった。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

CNBLUE(シーエヌブルー)のジョン・ヨンファが、153億ウォン(約14億6000万円)の建物主になった。

153億ウォンの建物主になったと報じられたジョン・ヨンファ

153億ウォンの建物主になったと報じられたCNBLUEのジョン・ヨンファ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

11月9日、韓国メディアEdaily(イーデイリー)の報道によると、ジョン・ヨンファは2021年7月末、自身が設立した法人JYHエフェクトの名義で、同年5月に契約したソウル市麻浦区上水洞(マポグ サンスドン)にあるビルの所有権移転登記を終えたという。

釜山市海雲台区佑洞(ヘウンデク ウドン)に所在するJYHエフェクトは、彼だけが社内取締役として登録されている個人企業だ。

今回、移転登記を終えた建物は地上7階地下1階で、上水(サンス)駅近くに位置している。価格は153億ウォンで、1坪当たりの購入金額は約1億1985万ウォン(約1140万円)。購入代金のうち、90億ウォン(約8億6000万円)は、建物を担保にして銀行から融資を受け調達したという。

彼は2020年7月、江南区清潭洞(カンナムク チョンダムドン)にある67坪のビルを106億ウォン(約10億円)で売却。このビルは、2017年に購入したもので、地上4階地下2階建て。購入後、約3年で5億5000万ウォン(約5200万円)の利益を得たとされている。

ジョン・ヨンファがメンバーとして在籍するCNBLUEは10月20日、9thミニアルバム『WANTED』を発売し、最近精力的なカムバック活動を行っていた。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

CNBLUE

FNCエンターテインメント所属のCNBLUE(シーエヌブルー / ハングル 씨엔블루)は2010年1月14日にデビューした韓国の3人組ロックバンド。

2019年入隊中だったイ・ジョンヒョンが「セクハラDM論議」が浮上。これに対して謝罪すると共に、チームを脱退することが明らかとなった。その後、3人体制で活動を継続することに。

2019年11月に、メインボーカルのジョン・ヨンファが除隊、翌年3月にカン・ミンヒョクとイ・ジョンシンが揃って除隊し、2020年に約4年ぶりにミニアルバム『RE-CODE』をリリースし、完全復帰を果たした。

CNBLUE 最新記事はこちら(51)


[su_spacer size=”30″]



この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs