IZ*ONE(アイズワン)が3rdミニアルバム『Oneiric Diary(幻想日記)』でカムバックを果たした。今回のカムバックは、もう一度跳躍の踏み台になる“活動第2幕を知らせるアルバム”とも言われており、どの時よりも注目されている状況だ。

IZ*ONE(アイズワン)が帰って来た。

6月15日、3rdミニアルバム『Oneiric Diary(幻想日記)』をリリースしたIZ*ONEの活動に大衆の関心が集まっている。

これまで『La Vie en Rose(ラヴィアンローズ)』 『Violeta(ヴィオレッタ)』『FIESTA(フィエスタ)』などのフラワーシリーズでフィルモグラフィー(作品のリスト)を積み、多くの愛を受けてきたIZ*ONEは、今回の最新アルバムを通じて優雅なカリスマを表現し、新たな世界観を披露している。

IZ*ONE

IZ*ONE(画像出典:IZ*ONE Twitter)

TWICEに劣らない人気と話題性

今年2月、初のフルアルバム『BLOOM*IZ(ブルームアイズ)』をリリースした際、発売初日だけで約18万4000枚の販売高を記録し、従来のガールズグループのアルバム初動1位の記録(約15万4000枚)を一日で跳び越えたIZ*ONE。

TWICE(トゥワイス)が6月1日にリリースした9thミニアルバム『MORE & MORE』が、リリースから1週間で約33万2400枚の販売高を達成した中で、IZ*ONEもまた、今一度驚くべき記録を出すことが出来るのか注目が集まっている。

ネットユーザーの間では「TWICEとIZ*ONE、どちらが成功したアイドルグループか?」という書き込みも多く見られ、「甲乙つけがたい」「どちらも人気アイドルグループだ」などのコメントが溢れるほど、IZ*ONEはTWICEに劣らない人気を証明している。

カムバックの度に現れる亡霊

プデュ48で脱落したキムドア

プデュ48で脱落したキム・ドア(画像出典:韓国オンラインコミュニティ)

IZ*ONEは、2018年に放送されたMnet『プロデュース48』を通じて結成されたプロジェクトガールズグループだ。

『プロデュース シリーズ』の投票操作の論議によって、しばらく活動を中断していたIZ*ONEは、2月に初のフルアルバムで活動を再開。その当時、IZ*ONEのカムバックの際に浮上したのが、同じく『プロデュース48』に出演していた練習生キム・ドアだ。

キム・ドアは、番組の中で製作スタッフのすぐ前で「やっとプデュが少しは公正になるかなと思ったのにやっぱり..」という発言をし、順位発表中に頭を下げたまま笑う姿がカメラに捕えられた。

肯定的な明るい笑いではなく、まるで操作を知っていたかのような呆れた冷ややかな笑いだった。

(関連記事)【プデュ捏造】PRODUCE48 脱落 キム・ドアが過去番組内でしていた意味深な言動が再注目

韓国のネット上では、IZ*ONEを応援する声がある一方で、彼女たちに向けた非難が危険水位を超えている。

特にカムバックをする際、上述したキム・ドアの画像を掲載しながら“投票操作から成り立ったグループ”だとか、メンバーたちに対するセクハラのような掲示物が投稿されたり、グループの将来やメンバーの将来を嘲笑うような掲示物が多く存在している。



『プロデュース』の論議の最も大きな被害者は、操作によって脱落した練習生ということも勿論だが、一番はIZ*ONEのメンバーだろう。