日本で芸能活動をしていた当時 ‘ICONIQ(アイコニック)’ という芸名で一躍名を広めたアユミ。久しぶりに韓国のバラエティー番組に出演したアユミが、韓国での芸能活動を予告して大衆の関心と期待を集めている。

ICONIQ(アイコニック)という芸名で日本を拠点に活動していたことのある、ガールズグループSugar(シュガー)出身のアユミが自身を取り囲んだデマを解明した。

3月12日に放送されたKBS 2TV「ハッピートゥギャザー4(原題 해피투게더4)」では、アユミが日本で芸能活動をした理由が描かれた。

久々に韓国のバラエティー番組に出演したアユミ

久々に韓国のバラエティー番組に出演したアユミ(画像出典:「ハッピートゥギャザー4」キャプチャー)

この日、アユミは「16年ぶりに ‘ハッピートゥギャザー’ に出演しました。今まで日本で女優活動をしていました。これからは私も韓国で本格的に活動をしようと思います」と口を開いた。

(PR)衛生フェイスマスク50枚-980円(税別)/アルコールハンドジェル500ml-980円(6月3日までDanmee読者様キャンペーン)

これに、番組MCが「韓国語がとても流暢ですね」と問うと、アユミは「元々全州李氏(朝鮮の氏族の一つ)です。多くの人たちが私を日本人だと思っていますが、私は在日韓国人三世イ・アユミです」と明らかにした。

在日韓国人二世の父親と、韓国人の母親の元に生まれたアユミ。

中学2年の時に母親と韓国旅行に行った際、ソウル・明洞でスカウトされたアユミだが、当時 ‘韓国語が話せない’ という理由で両親から芸能界入りを反対されていたそうだ。

そのような中でもアイドルグループ Sugarのメンバーとして韓国でデビューを果たしたアユミは、当時の韓国語の発音に対する苦労を打ち明け、最近でも「新造語がよく分かりません」と語ることも。

また、アユミはこの日、Sugarから一人立ちした後「ダイエットをして、顔も少し整えました」と率直に打ち明けた。

日本でICONIQとして活動していた当時、坊主姿で話題になった写真について「 ‘新しく生まれ変わる’ というコンセプトで広告を撮りました。そのため、どこから来たのか分からない神秘的な感じを与えようと断髪しました」とコメント。

イメージが変わり、芸名を使って日本で活動していたアユミは「生まれ変わった感じにしたのですが、周囲から ‘名前と国籍を捨てた’ という声も沢山聞いて、とても苦しくて解明する機会が欲しかったです」と惜しい心境を吐露した。

彼女は、日本で活動するきっかけについて「韓国ではバラエティーのイメージがとても強かったのでドラマの交渉が入りませんでした」とし「演技がしたくて日本に行きました」と説明した。

最後にアユミは「 ‘アユミって有名だったよね’ という話をたくさん聞きます。過去形ではなく現在進行形で ‘有名な子だよね’ と聞けるように、より一層頑張りたいと思います」と伝え、明るく素直な話し方で視聴者たちをくぎ付けにした。


15年ぶりの‘ハッピートゥギャザー’(動画出典:Youtube KBS Entertain)