芸能人の熱愛スクープに強く、日本で言う”週刊文春”と言われている韓国メディア”ディスパッチ”は、毎年元旦にトップスターたちの熱愛説を放ち大きな話題を呼んでいる。最近、2021年に狙われているカップルリストがネットで出回り、K-POPファンをビクビクさせている。

早いもので2020年も残すところあとわずか。新年、1月1日は世界各地がお祝いムードに包まれる一方で、韓国アイドルや俳優、また彼らのファンや、所属事務所の関係者たちは緊張と恐れの中で新年を迎えるという。

なぜ韓国芸能人とファンたちがビクビクしているのか。それはまさに”ディスパッチ(Dispatch)砲”。

日本で言うところの”週刊文春”と言われているディスパッチが、毎年1月1日に人気アイドルや大物俳優などの熱愛スクープを公開するため、ファンたちは、次は誰が狙われているのか、自分の推しだったらどうしよう‥と気が気でならないのだ。

過去にディスパッチで報じられたカンダニエルとTWICEジヒョ

過去にディスパッチで報じられたカン・ダニエルとTWICEジヒョの熱愛(画像出典:YouTube 디스패치 / Dispatch)

そのような中、韓国のオンラインコミュニティーやツイッターなどのSNSでは、すでに2021年に予想されるのディスパッチ砲のカップルリスト(ハングルの子音で表示)が出回っている。

SNSではこの子音からカップルの名前を解析したリストも公開されており、そのほとんどがK-POPアイドルの名前のようだ。

ネットに出回っている2021年に狙われているカップルリスト

2021年に狙われているカップルリストがネットに出回っている(画像出典:オンラインコミュニティー)

これは、韓国のみならず日本のK-POPファンの間でも話題になっており、「またやって参りましたか‥ディスパッチ砲の季節が‥」「信憑性は無さそうだけど、本当だったら怖い」「わー。推しの名前が入ってる。元旦は心しておかないと」「確かな証拠があるのか分からないけど、正月のディスパッチ砲ほど怖いものはない」「ディスパッチ砲はもう慣れた。動揺しなくなったよ」など、様々な意見が見受けられる。

該当のリストがどこまで正確なのか出処が不十分であるため、ディスパッチの内部文書が流出したのか、もしくはイタズラなのかは不明だ。しかし、半信半疑ながらも戦々恐々と年越しを過ごすファンもいることだろう。

実際、ディスパッチが1月1日にスクープしてきた熱愛報道は以下の通り。

「2013年1月1日 Rain(ピ)&キム・テヒ」
「2014年1月1日 イ・スンギ&ユナ」
「2015年1月1日 イ・ジョンジェ&イム・セリョン」
「2016年1月1日 キム・ジュンス&ハニ」
「2018年1月1日 G-DRAGON&イ・ジュヨン」
「2019年1月1日 カイ&ジェニー」

昨年はディスパッチ砲は出なかったが、1月2日にSUPERJUNIORのキム・ヒチョルとTWICE(トゥワイス)のモモの熱愛報道が他のメディアで報じられた。

(関連記事)‘韓国の文春’ Dispatchが正月に報じた韓国芸能界の歴代熱愛スクープ

2019年1月1日に放たれたカイとジェニーの熱愛説

2019年1月1日にカイとジェニーの熱愛説が放たれた(画像出典:オンラインコミュニティー)

実は、ディスパッチ砲に関する興味深い証言も。あるK-POPガールズグループ出身のタレントの暴露によると、ディスパッチに恋愛している姿をキャッチされて記事が公開される場合、報道が出る前にディスパッチ側から所属事務所に「この記事が出ます」と電話が来るそうだ。全ての芸能人に当てはまるとは限らないが、普段ディスパッチ側と芸能人側での調整はよく見られるのだそう。

(関連記事)K-POP界は動物の王国? ある女性アイドルが芸能界の恋愛事情を暴露

今回出回っているカップルリストが本物なら、今頃ディスパッチから事務所側に連絡が入っているのだろうか。2021年の元旦には果たしてどのビッグカップルのディスパッチ砲が放たれるのか。ファンたちは固唾を呑んで見守っている。




最新ニュース

おすすめニュース