Danmeeスタッフが毎週金曜日にお届けする『Danmee Choice!(ダンミチョイス) 略してDC』韓流エンターテインメントに携わっている我々スタッフが、イチオシしたい音楽やドラマ&映画などをアツく伝えます。Danmeeスタッフに語ってほしいジャンルやアイドルなどあれば、Twitterで“#d_choice”をつけてつぶやいてくださいね!

ドラマ『フレンズ』(2002)

『フレンズ』

『フレンズ』(画像出典:MBC公式サイト)

2002年に放送されたウォンビン&深田恭子共演の日韓共同(TBS・MBC)制作ドラマ『フレンズ』。何気なくテレビで見ていた同作がきっかけで”韓流”の世界に足を踏み入れました。

劇中、深キョンが韓国語を習うシーンが出てくるのですが、初めて目にした韓国語が衝撃で‥。「○と□と棒で文字が作られているなんて! 私もあの記号を読解したい!」という思いから韓国語の勉強を始めました(笑)。

日本での勉強だけでは満足できず、韓国留学まで行き、まさか韓国語能力試験の6級まで取得するとは自分でも思っていませんでした。”韓流”という常に新たな発見がある新鮮な沼に導いてくれたウォンビンと深キョンには感謝の気持ちでいっぱいです♪(編集スタッフ‘G’)

(関連記事)こんな日韓関係だからこそ、更に恋しくなるあの時のドラマ

ドラマ『コーヒープリンス1号店』(2007)

ドラマ『コーヒープリンス1号店』(画像出典:MBC)

韓流=過酷な運命に翻弄される涙腺崩壊ドラマや、ヨン様好きの中高年女性‥といったイメージを持っていましたが、それを覆したのが、MBCドラマ『コーヒープリンス1号店』とSBS『美男(イケメン)ですね』。

馴染みあるアジア系ながら優れたビジュアル、そして抜群のスタイルを誇る俳優陣が、まるで少女漫画のような設定の中、ときめきが止まらない胸キュンストーリーを紡ぐ姿に驚きを隠せませんでした‥。

救いようのない悲劇に見舞われていない‥、それどころかこれは少女漫画そのものではないか‥! と驚いたことを記憶しています。

当時(2010)、これらのドラマは日本の地上波で放送され手軽に視聴できたこともあり、周りの友人たちがこの番組を通じて韓流にハマっていったのを覚えています。もちろん私も。(編集スタッフ‘H’)

ドラマ『天国の階段』(2003)

日本でも多くの人が視聴した『天国の階段』

日本でも多くの人が視聴した『天国の階段』(画像出典:天国の階段 公式 HP)

祖母が見ていた韓国ドラマがずっと気になっていて、その中でどハマリしたのがSBS『天国の階段』でした!

ハマりすぎたあまり、録画を何度も観て覚えたワンシーンの1人劇を祖母に披露したことも‥(笑)。

そこから興味の幅は韓国語、K-POPへと広がっていき、高校生になってからは学校の勉強の傍ら、独学で韓国語を学ぶようになったのが青春時代の思い出です。

楽しく、素敵な世界に出会わせてくれた祖母、そして『天国の階段』にとても感謝しています!(編集スタッフ‘S’)

ドラマ『悲しき恋歌』(2005)

『悲しき恋歌』

『悲しき恋歌』(画像出典:MBC )

2005年に日本の地上波で放送されていた韓国MBCドラマ『悲しき恋歌』をたまたま目にした私。吹き替え版だったこともあって、どこの国のドラマかもわからず、ただドラマを見続けていました。盲目のヒロイン、引き裂かれる恋人同士、再会した彼女は親友の恋人に‥。

普段観ていた日本のドラマとはまったく違う、韓国ドラマ独特の劇的な展開にハマってしまうと、どうしてもドラマで話されるセリフのままドラマを理解したくなり、韓国語を勉強することに。それから15年経った今でも、飽きずに韓国ドラマを見続け、韓国語の勉強もゆるーく続けています!(編集スタッフ‘M’)

ドラマ『私の名前はキム・サムスン』(2005)

ドラマ『私の名前はキム・サムスン』

ドラマ『私の名前はキム・サムスン』(画像出典:2005(C)MBC)

最近BTS(防弾少年団)の記事を連日書きながら、彼らのメッセージ『LOVE MYSELF(私自身を愛そう)』について様々な考察をする機会があった。臆病で自信の無さ、無気力な自分自身に勇気を与え、励ましている。実は、このメッセージ、初めてではない。15年前、MBCドラマ『私の名前はキム・サムスン』でも登場するメッセージである。

「私、キム・サムスンをもっと愛すること」

自分自身のことを愛することは容易ではない。SNSを見ながら、他人の人生と比較して落ち込む。時には他人の悪口を言いながら、ちょっとした優越感に浸る。1年365日、24時間がスランプである自分のことを責め続けることはやめようと。そう思わせてくれたありがたいドラマである。15年という年月が経った今、あの時の青春は消えたものの、その時の記憶、いや”心の記録”はしっかり残っている。(編集スタッフ’C’)

K-POP U-KISS

現U-KISSメンバーのスヒョン、イ・ジュニョン、フン。

現U-KISSメンバーのスヒョン、イ・ジュニョン、フン。(画像出典:U-KISS korea 公式Instagram)

2012年、韓流エンタメにまっっっったく興味のなかった私が、ひょんなことから韓流雑誌の編集をすることになりました。当時、すでに日本で爆発的人気のあった東方神起さえ知らなかった私は、グループ名が読めない、顔の区別がつかない、名前が覚えられない、メンバー多すぎ‥と、三重苦、四重苦の中ひーひー言いながら仕事していました。

(関連記事)U-KISS デビューから12年‥紆余曲折経たスヒョンに思わぬ ‘第2盛期’ 到来

ある時、U-KISSの取材をすることになり、事前に歌番組の収録をモニターで見せてもらったことがありました。「韓国のアイドルって、こんなに完成度の高いパフォーマンスをするの!?」と衝撃を受けたことは今でも忘れられません。それ以来、彼らのことが気にかかり、あれよあれよとファンになったことは言うまでもなく(笑)。U-KISSよ、あの時最高のパフォーマンスを見せてくれてありがとう! おかげで今の私がありますです。(編集スタッフ‘I’)

K-POP 東方神起

東方神起

『Mirotic』パフォーマンス(画像出典:MBCkpop YouTube動画キャプチャー)

中学生の時、たまたま見ていた番組で東方神起(TVXQ)のパフォーマンスを見たことが私の”韓流”スタートです。

はじめは日本語の曲しか聴いていなかったのですが、韓国語の歌を聴き始め、韓国で出演した番組を観ているうちに、「彼らが日本語を話せるように、私も韓国語が話せるようになりたい!」と思うようになり、勉強を始めました。初めは、”少し話せて、少し聞き取れればいいや”という気持ちで始めた韓国語ですが、いつの間にか、”もっと、うまくなりたい”という思いが強くなり、気づけば留学までしていました(笑)。

東方神起を知ってからは、SS501、少女時代、KARAと‥どんどんK-POPにハマっていき、新大久保という街を知り、ドラマや映画も見はじめ、とにかく毎日”韓流三昧”な日々。

今では”韓流”が仕事になっているので、なんだか不思議ですね。(編集スタッフ‘K’)

****************************

“韓流エンタメ”と一言でいっても、そこにたどり着くまでには人の数だけエピソードがありますね^^

次回(10月30日金曜日)のDanmee Choice!は‥「私のオススメ次世代スター(U-25)」をチョイス予定です、お楽しみに☆

Danmeeスタッフに語ってほしいジャンルやアイドルなどあれば、Twitterで“#d_choice”をつけてつぶやいてくださいね!



東方神起

東方神起(TVXQ)は、チャンミン、ユンホによる韓国出身の男性デュオ。
レコード会社兼芸能事務所のSMエンターテインメントに所属し、韓国や日本を中心に活動している。
2010年までは5人組ボーカルグループで活動していたが、2009年7月メンバーのうちジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人が所属事務所に対する専属契約効力停止の訴訟を起こし、5人での活動が無期限休止され、翌2011年1月のカムバック以降はユンホ、チャンミン2人で活動している。

東方神起 最新記事はこちら(262)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs