BTS(防弾少年団)のメンバーV(ブイ)が、歴代級の2ショット動画を投稿したと、韓国ネットで話題になっている。韓国トップクラスのボーカリストの1人と言われている、パク・ヒョシンとほろ酔いの雰囲気の中、美声を披露したためだ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTS(防弾少年団)のV(ブイ)が、国宝級の美声を披露した。

インスタグラムのストーリーで美声を披露したVとパク・ヒョシン

インスタグラムのストーリーで美声を披露したBTSのVとパク・ヒョシン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

1月31日、Vは自身のインスタグラムアカウントでストーリーを投稿。

そこにはほろ酔いな雰囲気の彼と、韓国でトップクラスのボーカリストの1人と言われているパク・ヒョシンの姿が。

最初は、にこやかな笑顔をカメラに向けて「クニャン(그냥/ただ)」とつぶやき、2人が頭を寄せ合うなどの映像だったが、その後に続いた動画に、ファンは耳目をグッと掴まれた。

Vとパク・ヒョシンが、マット・マルチーズ(Matt Maltese)の『Less and Less』を歌っているのだ。

以前からVが、パク・ヒョシンのファンであることはファンの間では知られていたが、そんな2人のサプライズな出会いに、ファンも興奮を隠せなかった様子。

また、パク・ヒョシンとVは共に低音であるため、歌声が”洞窟ボイス(重低音が美しい)”と称されることもあり、そんな2人のコラボレーション実現を、つい願ってしまいたくなる美声だ。

(関連記事)BTS Vが酒に酔って恋を告白したら?ARMY必聴の”愛の歌”

韓国のオンラインコミュニティーでは「やばい! すごい2ショット!」「大好きな2人が同じ画面に(涙)」「2人の音色が最高だね」「やっぱり*キム振り合うも多生の縁だわ」などと、盛り上がりを見せた。

*『袖振り合うも多生の縁』ということわざの”袖”を、Vの本名キム・テヒョンの”キム”にして彼の人懐っこさを表現している。

また、彼が仲良しと言われている有名人が、PSY(サイ/本名パク・チェサン)、パク・ソジュン、パク・ヒョンシク、パク・ボゴム、Wanna One出身パク・ジフン、メンバーのパク・ジミンに、今回パク・ヒョシンが加わり、パク姓が多い事から、”パク収集家”と表現するファンも。

24時間で消えてしまうストーリーに投稿されていたため、残念ながら動画はすでに削除されているが、この奇跡の瞬間を目撃したファンを瞬く間に幸せにしたVは、まさに”ハッピーウイルス”そのものだった。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2431)







ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs