先日、BTS(防弾少年団)初の英語歌詞シングル『Dynamite』が、アメリカで行われるグラミー賞で最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス部門にノミネートされた。そんな世界的な人気を誇るワールドスターBTSのメンバー、Vの可愛らしいトラウマがARMYのあいだで話題になっている。

6日に開催されたCJENM音楽授賞式『2020 Mnet ASIAN MUSIC AWARDS』(以下、MAMA)。

初のオンライン開催となった今年は、K-POPの枠を越え、いまや世界の音楽シーンで注目を集めているボーイズグループBTS(防弾少年団)をはじめ、TWICE(トゥワイス)、NCT(エヌシーティー)、IZ*ONE(アイズワン)、テミン、JO1(ジェイオーワン)、SEVENTEEN(セブンティーン)など世界中にファンを持つ人気K-POPアーティストたちが参加、俳優ソン・ジュンギがポスト役を務め、全世界で生中継された。

(関連記事)ソン・ジュンギ、2020 MAMAで見せた変わらない姿とメッセージ

BTSがレッドカーペットに登場した

『2020MAMA』のレッドカーペットに登場したBTS(画像出典:MAMA公式Twitter)

MAMAの授賞式がスタートする前、レッドカーペットに現れたBTSのメンバー一同。インタビューが始まる前、メンバー同士の会話が生放送で流れていた。

V(ブイ)が生放送なのかどうかを確認し、それを知ったVはメンバーたちに「チャックのボタン閉めた?」と言って、自分も中腰になりながらズボンのチャックを確認。続けてほかのメンバーもズボンのチャックを確認する姿が映った。

この映像が流れると瞬く間にネット上で話題になり、翌日にはこのキャプチャー映像がツイッターでも拡散され、「どうしてこんなに可愛いの~^^」「何度見ても笑ってしまう」「社会の窓、確認しないで~(笑)」などARMY(アーミー:BTSファンの名称)たちは多くの反応を見せ、大盛り上がりとなった。

MAMAのレッドカーペットでのVの姿が話題

中腰になりズボンのチャックを確認するV(画像出典:韓国ファンコミュニティ―)

MAMAの授賞式で、Vが誰よりも先にズボンのチャックを気にするのにはわけがあった。今年、米ビルボードのメイン・シングル・チャート『HOT100』で1位を記録し、盛り上がりを見せていた9月。BTSはラジオ番組『ペ・チョルスの音楽キャンプ』に出演することになったが、このラジオ放送が始まる前、Vはカメラが回っていることに気づかず、ズボンのチャックをそっと確認して上にあげた。

Vがズボンのチャックを確認中‥。

こっそりチャックをチェックするV(画像出典:MBC Radio Youtubeキャプチャー)

しかし、この日の放送は見えるラジオとしてYouTubeで生中継されていた。もちろんVがチャックをあげた瞬間も映っており、それを知ったVは大きく口を開けて当惑したような表情を見せていた。

(関連記事)BTS Vの愛らしいミス、ラジオ番組で驚愕した表情を見せた理由

このことがきっかけとなり、自分のズボンのチャックが開いていたことがトラウマになってしまったV。少年のような可愛らしいこのトラウマのおかげで、ARMYたちはまたVのキュートな姿を見ることができたのだった。

https://twitter.com/bts_nanak/status/1335771500633149445

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2136)





Danmee公式SNS

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs