TWICE(トゥワイス)のメンバー全員が新型コロナウイルスの検査を受けて陰性判定を受けた中、サナは自宅隔離となり他のメンバーはスケジュールを継続することが発表された。サナは自宅隔離中どのようにして過ごすのだろうか。検査を受けることになった経緯から追ってみる。

TWICE(トゥワイス)のメンバー全員が新型コロナウイルスの検査で陰性判定を受けて、ファンも一息ついている。

所属事務所JYPエンターテインメント(以下:JYP)側は12月7日、「サナを含んだTWICEのメンバーとマネージャーがコロナの検査を受けた結果、全員が陰性判定を受けた」と公式コメント発表した。

メンバー全員が新型コロナウイルスの検査で陰性判定を受けたTWICE

TWICEはメンバー全員が新型コロナウイルスの検査で陰性判定を受けた(画像出典:TWICE Twitter)

これに先立ち、サナはコロナの検査で陽性判定を受けた歌手チョンハと接触。

韓国メディア・ディスパッチなどによると、チョンハは12月2日にリハビリ治療のため、あるスポーツセンターを訪問。その2日後である12月4日に、gugudanミナの誕生日パーティーを行い、チョンハ、宇宙少女ヨンジョン、DIAチェヨンがミナの家で会った。4人は1時間ほど誕生日パーティーを行った後、チョンハとヨンジョンは共にチョンハの自宅に移動。この時、サナが合流したという。

チョンハは12月6日、訪問したスポーツセンターでコロナの感染者が出たという報せを耳にし、濃厚接触者ではなかったが自ら検査を受けるに至り、陽性判定が出たようだ。

(関連記事)「憶測はやめて」チョンハのコロナ19感染の余波広がりを受け、事務所が要請

12月18日まで自宅隔離となるサナ

サナは12月18日まで自宅隔離となる(画像出典:TWICE Instagram)

チョンハが12月7日午前に陽性判定を受けたため、サナは濃厚接触者とみなされた。サナは12月5日にTWICEのメンバーと『2020 MAMA』のステージを事前撮影し、6日に授賞式に出演。 これに伴いTWICEだけでなく彼女たちと接触したスタッフ全員がコロナの検査を受けるに至った。

TWICEのメンバーは全員陰性だったが、JYP側は「サナは保健当局の防疫指針を遵守して18日まで自宅隔離する。残りのメンバーは計画されたスケジュールを行う予定だ」と伝えた。

年末の授賞式シーズンを控えて活発な活動を予告しているTWICE。だが、12月12日に日本でも生中継される『2020 THE FACT MUSIC AWARDS』では、残念ながらサナの姿は見られないこととなる。

ここで気になるのが、TWICEのメンバー全員が陰性判定を受けたにも関わらず、なぜ他のメンバーは活動を継続し、サナだけが自宅隔離になるのか。韓国の各種媒体によると、同じ陰性判定でも、保健所や病院で自宅隔離が必要だと判断された場合には、個別で隔離要請の連絡が来るようだ。特に、サナは陽性判定を受けたチョンハと接触したため、自宅隔離が必要だと判断されたと思われる。

韓国・疾病管理庁による自宅隔離の規則

自宅隔離の規則(画像出典:疾病管理庁)

同じく、陰性判定を受けたが、自宅隔離になったあるネットユーザーの体験によると、保健所から自宅隔離要請の電話を受けると、住所と本人確認をしたのち約3日後に隔離時に必要な救援物資(韓国のり、ラーメン、シーチキンの缶づめなどの食料)と、隔離通知書の受領証(自宅隔離アプリの設定方法、マスクおよび消毒剤、体温計など)が送られてくるそうだ。

自宅隔離期間中、保健所からモニタリングの電話が掛かってきたり、常に行動範囲や健康状態を監視されているという息苦しさを感じ、自宅から出られずなるべく自粛をしていないといけないため、心がずしっと重くなると該当のユーザーは伝えている。

これまでハードなスケジュールを行ってきたサナからすると、この隔離期間は非常に長く不安に感じられるだろう。よって、一部のファンたちは、「サナに毎日応援メッセージを送るよ」「陰性でよかった。何よりも健康が大事なので、気負いせずに過ごしてほしい」「今後も沢山TWICEの姿が見たいけど、今は無理しないでほしい」「サナの復帰を待ってるね」など、サナに向けて温かな声援を送っている。



人気ニュース

TWICE (トゥワイス) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース