3月10日、BTS(防弾少年団)が約2年半ぶりに地元韓国で対面コンサートを実施。ファンと同じ空間で、高鳴る思いを共有した。今回のセットリストではソロパートがなく、その理由をメンバーのSUGA(シュガ)が直接明かした。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTS(防弾少年団)が、約2年半ぶりに韓国のファンと同じ空間で思いを共有した。

約2年半ぶりに自国でコンサートを開催

約2年半ぶりに自国でコンサートを開催したBTS。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTSは3月10日、ソウルの蚕室(チャムシル)総合運動場メインスタジアムでコンサート『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE – SEOUL』を実施。同月12日と13日にも、公演が予定されている。

この日の模様を、韓国メディアの韓国日報が報じており、以下引用してお伝えしたい。

***
この日彼らは『Outro : Wings(2017)』で、およそ2年半ぶりに再会したARMY(アーミー:BTSファン名称)と、これまで会えなかった切なさを分かち合った。

また、BTSの過去と現在をまとめた多彩なセットリストは、共に歩んで来た道を振り返らせ、ファンに深い感動を与える。

ジミンは「『Wings』をすごく久しぶりに歌ったんですが、(以前と)同じ空間で歌ったからか、その時の気持ちを思い出しました」と、切ない感情を吐露。

ジョングクは「この曲は心臓をドキドキさせます。昔の思いがたくさん蘇って来ました。だからちょっと胸が痛いですけど、幸せです」と、愛情を表現した。

素直な気持ちをファンに打ち明けたSUGA

素直な気持ちをファンに打ち明けたBTSメンバーSUGA。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

現在韓国で有観客コンサートを行う場合、新型コロナウイルス感染拡大防止のためにルールが設けられており、スタンディングでの観戦・歓声が禁止となっている。ファンは歓声が送れない悔しさを拍手に込めて、絶え間ないクラップ音で会場を埋め尽くした。

そんなARMYの姿を見たSUGA(シュガ)は、「マイクに乗って聞こえて来る歓声や応援が恋しいけど、皆さんの秩序が整然とされている姿に感動を覚えました」と驚きを隠せない。

今回の公演はメンバーもいつも以上に力を入れ、彼らの意見を積極的に取り入れたセットリストで構成したという。

そしていよいよコンサート当日、全てのアルバムを網羅した多彩な曲構成と同じくらい耳目を集めたのは、ソロステージの代わりにぎっしり詰まっていた団体曲の饗宴だった。

彼らは、本当に久しぶりにソウルで開かれる対面コンサートのため、ソロ曲よりBTS全員が一緒にパフォーマンスできる楽曲をメインに、セットリストを厳選していた。

これに関してSUGAは「今回の公演を団体曲に絞ったのは、ARMYの皆さんに、僕たちの姿を少しでも長くお見せしたいと思ったのもありますが、僕たちが少しでも長くARMYの皆さんと会っていたいからです」と告白。ファンの熱い反応を呼び起こした。

そして「どんな時よりも、たくさんのステージをお見せしても、物足りさは常にあります」と、素直な胸の内を明かすのだった。

いつの間にか終わりの時間が迫り、RMは「今日の公演が終わっても、僕たちの音楽と歌が止まることはありません。遠くない未来に、また僕たちはさらに良い姿で会うことになるでしょう」と約束した。





BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2751)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs