10月31日に事故を起こしていたということが明らかとなったBTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)のメンバー、ジョングク。当件に関してファンや世間から様々な声が聞かれる中、本日11月8日、韓国ソウルの龍山警察署は彼を立件したということを明らかにした。

BTS(防弾少年団 / ハングル 방탄소년단)のメンバー、ジョングク(ハングル 정국)が立件された。

10月31日に交通事故を起こしたということが報道され、ファンや世間を驚きに包んだジョングク
当報道が行われた4日、彼が所属するBigHitエンターテインメントは「被害者とジョングクに大きな怪我は無かった」ということを明らかにしながら、「被害者とは円満な合意を完了した」と説明した。

しかし、事務所からの公式立場が発表された以降も韓国ネット上では当件に対する関心が集まり続けていた。
また一部ネットユーザー達からは彼が事故を起こしたといわれている10月31日に自身達の公式Twitterに“自身がゲームを行う姿を録画した動画”、“自身のセルフショット”等を投稿していることに対し疑問の声があがることに。

当ツイートが投稿されたのは31日の午後となっている点からは、事故が発生した午前4時よりも後に当ツイートが行われた事が考えられ、ネットからは「事故を起こした日にこのようなツイートを行うのは軽率では?」との声が上がっている。

道路交通法違反で立件されたBTSのジョングク

批判の声が聞かれるきっかけとなったジョングクのツイート(出典:BTS公式Twitter)

そのような声も聞かれる中、本日11月8日、韓国 ソウル龍山警察署からはジョングクを立件したとの発表が行われる事に。
当発表によると、彼は今回道路交通法違反、交通事故処理特例法違法の容疑で立件されたようだ。

当件に対し韓国ネット上からは

「立件は当然のこと。運転中に自身の過失で事故が起きたら立件はされるものだから過度にジョングクを擁護するのは止めよう」
「法を犯したならばその分処分を受けるべきだと思う」
「タクシーの運転手側が診断書を出したみたいだね。形式的な調査だから過度な擁護をする必要はない」

というジョングクを過度に擁護する事を止めるように促すファン達の声が聞かれることとなった。

しかしこのような声が聞かれているにもかかわらずネット上には事故を軽視したようなジョングクを擁護するコメントが引き続き見られる事に。
そのようなコメントに対し呆れたコメントを残すネットユーザーも少なく無く、一部では再び当件に対する議論が起こり始めているようだ。

尚、警察の発表よるとジョングクが召喚される日はまだ決まっていないとのこと。
また、彼の所属事務所であるBigHitエンターテイメントは現時点で立件に対する公式的な立場は発表していない。