12月25日に放送された「SBS歌謡大祭典」。韓国内のみならず日本をはじめとする海外からも多くの関心が注がれていた当歌謡際では、リハーサルの際にRedVelvet(レッドベルベット)のウェンディが転落し大けがを負うという事故に加え、BTSを初めとするアイドル達により安全問題への指摘が行われていた。そして放送が終了した現在、ファン達は当歌謡際で危うく転倒しかけたアイドル達に注目すると共にSBS側の安全管理に疑問を抱いている。

「SBS歌謡大祭典」で危うく怪我を負いそうになったアイドル達をまとめた映像が話題となっている。

12月25日に生放送で届けられた「SBS歌謡大祭典」。
日本でも中継が行われた当歌謡際には韓国内のみならず、海外のK-POPファン達からも多くの関心が集まっていた。

SBS歌謡大祭典で危うく転倒しそうになったアイドル達

韓国内のみならず海外からの注目も多く集めていたSBS歌謡大祭典(出典:SBS歌謡大祭典公式ホームページ)

その結果、SNSでは歌謡祭で披露されたアイドル達のパフォーマンスに注目した声が多く見られる事に。

だが、放送終了後には「SBS歌謡大祭典」のステージに立ったアイドル達を心配する声もまた、多数見られることとなった
アイドル達が素晴らしいパフォーマンスを繰り広げる一方で、そのパフォーマンス中にはステージ上で危うく転倒しそうになるアイドルが続出した今回の「SBS歌謡大祭典」。

歌謡祭のオープニングを飾ったグループ、BTSのメンバーであるジンはまさにそのオープニングステージで転倒しかける姿を何度も見せていた。
自身の足下が滑りやすいという事が分かった後、なんとかバランスを取り、注意する様子を垣間見せながらパフォーマンスを続けたジン
それでもなお、彼が滑りかけてしまっていたという点からはステージ上が非常に滑りやすい状態であったということがうかがえる。

また、同じくBTSのメンバーVも事前収録の映像が放送されている間ステージ上を移動していた際に、滑って転倒してしまいそうになる姿を見せていた。

この日、BTSのジン、V以外にもITZY(ハングル)のイェジ、MONSTA X(愛称 モネク)のI.M、ミニョクがパフォーマンス中にステージ上で転倒しそうになっていたとのこと。
彼らの危機一髪の様子は海外ファンにより1本の動画にまとめられ、現在多くのK-POPファン達の注目を集めている。

当動画をみたファン達からは

「こんなにも多くのアイドルが滑っているなんてどういうことなの」
「一体何人のアイドルがこの日のステージで危ない目に遭ったんだろう。どう考えても普通じゃない」
「歩くだけで滑ってしまって移動も困難なステージは改善する必要があるとしか思えない」
「こんなにステージが滑りやすい状態だったらせっかく沢山練習してきたのにベストなパフォーマンスを見せることも出来なかったんじゃないかな」
「パフォーマンスをするアイドル達の安全の事は考えていなかったの?」

というステージの状態の悪さに対する驚きと怒りを隠しきれない声が聞かれることとなった。

番組放送に先駆けて行われたリハーサルではRedVelvetのウェンディが転落事故に見舞われ大けがを負い、また、BTS、TWICE、チョンハなどもステージ上のリフトの安全問題を指摘していたという事が報じられていた。

実際に事故が発生するという最悪の事態にも直面し、アイドル達から安全問題を指摘されていたにもかかわらず、それでも尚ステージ上の危険を取り除けていなかったSBS側。

上記の点から今回の「SBS歌謡大祭典」での安全確認は極めて不足していた状態であったのではないか、ということが推測される。


BTS Jin & V slipped + too many other idols slipped during SBS 191225(動画出典:SugArmyy)

BTS

防弾少年団は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループ。
パンシヒョクのプロデュースによって誕生したBigHitエンターテインメントのヒップホップグループである。
デビューアルバムは<2 COOL 4 SKOOL>、デビュー曲は「No More Dream」。
グループ名の「防弾少年団」には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味を込めている。
ハングル表記は방탄소년단(バンタンソニョンダン)からバンタンと呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(991)