12月25日に行われた「SBS歌謡大祭典」。多くのアイドル達が素晴らしいパフォーマンスを披露した当歌謡際では放送開始前に行われたリハーサルでRedVelvetのウェンディが転落し、大けがを負うという事故が発生していた。当事故の発生に対し世間から放送局に対し多くの批判の声が聞かれていた中、新たにステージの状態の悪さがアイドルのファン達の間で話題となり、更なる怒りの声が上がっている。

SBS歌謡大祭典の舞台の状態に注目が集まっている。

12月25日に放送された「SBS歌謡大祭典」。
当歌謡際の開催に先駆けて世間には’RedVelvet(ハングル 레드벨벳)のメンバーであるウェンディ(ハングル 웬디)がリハーサル中に発生した転落事故のために大けがを負った’というニュースが報じられ、驚きを誘った。

当事故の詳細が明らかになり、当時の現場の状況が劣悪であったことも判明し、SBS側には多くの怒りと批判の声が届けられることに。

ステージの状態が悪かったことが新たに発覚した「SBS歌謡大祭典」

多くの批判の声が寄せられている「SBS歌謡大祭典」…(出典:SBS歌謡大祭典公式ホームページ)

現在も継続して批判の声が聞かれている中、韓国ネット上では新たに見つかった「SBS歌謡大祭典」のステージの問題点に注目が集まっている。

その問題点というのは多くのアイドル達がパフォーマンスを行ったステージが滑りやすい状態となっていたというもの。

現在TwitterではTWICE(トゥワイス / ハングル 트와이스)のメンバー、ジョンヨンがステージ上で移動を行っていたところ、滑りそうになってしまい、隣にいたジヒョが驚いた様に彼女の手を取る、という一幕を収めた映像が拡散されている。

幸いにも転倒を免れたことからジョンヨンに怪我は無く、その後彼女は自信が滑りそうになった場所でメンバー達とスケートをするように滑りながら移動を行った。

この時、彼女達が履いていたブーツが容易に滑るほどに滑りやすくなっていたステージ。
実際にMONSTA X(モンスタエックス)のメンバー、ミニョク(ハングル 민혁)、I.M(アイエム / ハングル 아이엠)はパフォーマンスを行っている際、ステージ上で危うく転倒しそうになっていた。

彼らの他にもパフォーマンス中に転倒しそうになった歌手は多数存在した様で、NCTのメンバージェノ(ハングル 제노)とへチャン(ハングル 해찬)はステージの滑りやすさを確認し、危惧している様子も見せていたようだ。

幸いにも大きな事故は起こらなかったものの、歩くだけでも滑ってしまうようなステージでダンスを行ったアイドルたちの不安は大きなものであったであろう。
ヒールを履いてパフォーマンスを行うアイドルや激しいダンスを行うアイドルも多いという点からは、万が一大きく転倒してしまった際には今後の活動に支障をきたす怪我を負う事故が発生していた可能性も考えられる。

今回の「SBS歌謡大祭典」の舞台の状態の悪さを知ったファン達からはSBSに対し’当時の正確な現場状況の説明’を求める声が上がっている。

現時点でSBS側は当要求に応えていないようだが、ウェンディが見舞われた事故に対する対応などから放送局側に対する不信感が高まっている現状からは早急な対応を行う事が最善と思われる。