韓国政府が、大統領特使に任命したBTS(防弾少年団)のために、外交官パスポートを発給したことが話題を集めている。「一体、外交官パスポートって何?」「外交官でもない人に何故?」という韓国ネットの疑問に、韓国政府が説明した内容とは‥。

9月14日、韓国の大統領府に当たる青瓦台(チョンワデ)では、特別な”授与式”が行われた。

それは韓国大統領(文在寅/ムン・ジェイン氏)による、大統領特使任命状の授与式であり、任命状を受け取ったのは、世界的な人気を誇るK-POPアイドルグループBTS(防弾少年団)。

大統領特使任命状の授与式が行われた

BTSと文在寅大統領(画像出典:YouTube『SBS 뉴스』キャプチャー)

青瓦台は「外交力を強化するため」と彼らへの任命理由を述べており、正式に大統領特使となったBTSは、来週アメリカのニューヨークで行われる国連総会に、”政府の要職”として文大統領と出席する予定だ。

(関連記事)やはりBTSは韓国アイドルなのか‥大統領府「国益中心の外交」任命に違和感

「韓国政府が、BTSメンバー7人のアメリカ渡航のために”外交官専用パスポート”を特別に発行した」と報じられているが、これを巡り韓国ネットでは「一体、外交官パスポートって何?」「外交官でもない人に何故?」と、その実態について関心が集まっている。

"外交官パスポート"を受け取ったBTS

"外交官パスポート"とは

BTSが受け取った”外交官パスポート”とは?(画像出典:BTS公式Twitter、YouTubeチャンネル『大韓民国青瓦台』キャプチャー)

外交官パスポートについての関心が高まる韓国ネットの反応を受け、韓国政府傘下の法制処(日本でいう内閣法制局)が、SNSで以下のように紹介している。

外交官パスポートは、旅券法施行令10条により、特別使節及び政府代表と、これらの人が団長を務める代表団の団員に発給ができる。

外交官パスポートは、現在元大統領や現職大統領、国務総理、外交部長官、国会議長、大法院長、憲法裁判所長など、国家儀典序列の5位までが自動発給対象となっており、国会議員は何と対象外である。

今回のBTSのように、大統領特使をはじめ、特命全権大使や国際オリンピック委員会委員、外交業務を担当する中央・地方公務員とその家族は、発給対象なのだという。

外交官パスポートを所持している者は、渡航先の国における交通違反などの軽犯罪に対して、免責特権が与えられるなどのメリットがある。他にも、海外の空港で所持品検査の簡素化、VIP儀典などが受けられるようだ。

ただ、個人的な用事での渡航には、外交官パスポートはもちろん使用してはならないため、BTSが公演のために海外に渡航する際は、一般パスポートを持参することになる。

外交官パスポートを持つことが、果たして彼らにとって大きな利点であるのだろうか‥。それについては「国の業務だからいいのでは」「渡航先の空港での警護レベルが変わる」「政治パフォーマンスだ」など、賛否の声が上がっている。




BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1817)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース