BTS(防弾少年団)が出演している『RUN BTS』と『出張十五夜』のコラボ番組が好評を博す中、ファンをキュンとさせたジミンのおちゃめな謝罪が反響を呼んでいる。

BTS(防弾少年団)が出演するV LIVEのバラエティー番組『Run BTS!』と、有名プロデューサー、ナ・ヨンソク(以下、ナPD)が手がけているバラエティー番組『出張十五夜』のコラボ番組で、ジミンが見せたかわいらしい謝罪が話題を集めた。

可愛らしい謝罪が話題のBTSジミン

BTS ジミンの可愛らしい謝罪が話題(画像出典:BTS公式FaceBook)

事の発端は5月4日の放送で、ある人物の写真を見てその人の名前を言う”人物クイズ”ゲームが行われたが、ジミンがソン・フンミンの名前を答えられなかったことだった。

ソン・フンミンは、1992年生まれの今年29歳(日本年齢)。イングランド・プレミアリーグのトッテナム・ホットスパーFCに所属するプロサッカー選手。

アジア人歴代最高額となる3000万ユーロ(約40億円)という移籍金を獲得し、アジアNo.1と言われるスーパースター、ソン・フンミン選手の名前が思い浮かばなかった彼に対し、他メンバーからは「わざとじゃないの!?」など、驚きの声が上がった。

ジミンはソン・フンミン選手を答えられなかった

ソン・フンミン選手を答えられなかったジミン‥そしてジミンとメンバーの間にできた壁‥(画像出典:Run BTSキャプチャー)

そして14日、YouTube(ユーチューブ)チャンネル『チャンネル十五夜』に公開された映像では、ナPDをはじめ、番組スタッフからメンバー全員にプレゼントが贈られたが、ジミンに贈られたのはソン・フンミン選手のユニフォームだったのだ。

これを受け取った彼は、ユニフォームが入れられた箱についていた紫色のリボンで手錠を作って自分の両手を縛り、

「ついに心から謝罪するときがきたようです。ミスター・ソン! アイムソーリー! 本当にわからなかったわけじゃないんです‥。ソン・フンミン選手を愛する4800万人の全国民の皆さん! わかっています。責めてもらってかまいません」

と言いながら、手錠をかけた両手でハートを作っておちゃめに謝罪。これに対し、SUGAから「5,100万人です」とつっこまれ、最後までからかわれたジミンだった。

ジミンはソン・フンミン選手へ謝罪のメッセージを送った

ソン・フンミン選手へ謝罪のメッセージを送ったジミン(画像出典:チャンネル十五夜YouTubeキャプチャー)

そしてこの彼の謝罪動画がファンによりネット上で拡散されると、トッテナム・ホットスパーFCの公式ツイッターが、それにリプライする形で「Jimin 100点!!」とツイートで反応し、ジミンのおちゃめでかわいらしい謝罪動画が、トッテナム・ホットスパーFCにもにも知られることになった。

これを見たARMY(アーミー:BTSファンの名称)は、「リボンで手を縛ってるのほんとかわいいwww」「ユニフォーム似合ってる!」「あのユニフォーム欲しいな」「セルフ手錠かわいい!」「許してあげてよ、すごくかわいらしいじゃない」「うちの子、100満点だよね(笑)」「100点ってことは許してくれたってことなの?」など、愛の溢れるコメントが並んだ。

実はソン・フンミンは以前、海外メディア・Amazon Prime Video Sportとのインタビューで自ら「BTSファン」を公言しており、「BTSの『Dynamite』を聴いていると力が出る」とも語っていた。

音楽界のスーパースターとサッカー界のスーパースター、ともにワールドクラスの人気を誇る彼らの、さらなる今後の活躍を期待する声も寄せられている。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2751)









ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs