BTS(防弾少年団)の新曲『Dynamite』の発売を記念し、オンライングローバル記者会見が行われた。成績や結果よりも、新型コロナウイルスで大変な毎日を送っている世界の人を癒したいとの思いを語った。

グループBTS(防弾少年団)が還ってきた。正規アルバムではなく、シングルでの嬉しい”サプライズ”なカムバックだ。
今作には、これまで積み上げてきた輝かしい成績を繋いでいくより、ファンを癒してあげたいという小さな願いだけを込めた。

BTS

新曲『Dynamite』でカムバックしたBTS(写真提供:©スポーツ韓国)

21日、BTSの新曲『Dynamite』発売を記念して、オンライングローバル記者会見が行われた。

この日、BTSはカムバックについて「実は、正規アルバムを準備している途中に出会った曲」と説明し「癒されるような、人の気分を良くする楽曲だと思った。メンバー全員が、正規アルバムに収めるよりも、今一緒に(ファンと)楽しみたいという気持ちで急遽リリースを決定した」と、シングル発表の背景を伝えた。

そのため、メンバー全員が心を一つにしてレコーディングを行うことができ、ミュージックビデオの撮影まで楽しく進められたそうだ。「MV撮影当日は、自由な雰囲気だった。現場で即興で振り付けも考案して、リアルさを忠実に表現することができた。僕たちにとっても、斬新で特別なMVとして記憶に残ると思う」と期待を膨らませた。

BTS

今回の新曲『Dynamite』では、”幸せ”と”自信”を伝える(写真提供:©スポーツ韓国)

前作の『MAP OF THE SOUL: 7』では試練と傷、恐怖など、自分たちの率直な話を歌で表現したとすれば、今回の『Dynamite』では、幸せと自信というメッセージを伝える。これに対して「もちろんチャートについては、いつも緊張とときめきを持っている。同じようにその結果を待つ」とし「良い成績が出ればとても光栄だけど、ファンの皆さんの愛に応えるために、最善を尽くすのが今回カムバックの目標」と話した。

加えて「世界中が新型コロナウイルスで大変な時期を送っている。僕たちも無力感を抱いており、力を与えたかった。曲を聴いて多くの方々が力を得たり、癒しになればと思う」と、良い影響力を与えることを続けていきたいと、意気込みを語った。

新曲の初ステージは30日、アメリカの『MTV Video Music Awards 2020』で行う予定だ。これはBTSメンバーが、唯一参加できなかった授賞式である。「僕たちも緊張している。初めての試みなのでわくわくする気持ちが大きい」とし「最善を尽くして舞台をお見せする。この曲は僕たちの新たな試みであり、突破口なので、”面白いチャレンジ”も見せたい」と付け加えた。

新曲『Dynamite』は、辛い時期を送っている世界の人に活力を吹き込みたいとの気持ちを込めて完成された楽曲で、人生の大切さと特別さを物語っている。


BTS『Dynamite』MV(動画出典:Big Hit Labels)

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースによって誕生した。
BigHitエンターテインメントに所属している。
デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。
グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。
ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1046)

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。