BIGBANG(ビッグバン)の元メンバーV.I(スンリ)の近況が知らされた。韓国の各種媒体は”バーニングサン関連”による裁判が軍事裁判所に正式に移管されたことと、V.Iの現在の配属先を一斉に報じている。

BIGBANG(ビッグバン)出身のV.I(スンリ / 本名イ・スンヒョン)の近況が伝えられた。

韓国の各種芸能媒体は、”バーニングサン関連”による続報と、軍務を遂行しているV.Iの配属先など、新しい報せを一斉に報じている。

軍事裁判所に正式移管

同期の訓練兵たちと共に敬礼をしているVI

同期の訓練兵たちと共に敬礼をしているV.I(画像出典:陸軍訓練所代わりにお伝えします Facebook)

5月19日、韓国の各種芸能媒体は「ソウル中央地方法院第26刑事部が5月15日、V.Iのバーニングサン事件に関連した裁判を軍事裁判所に移管する決定を下した」と報じた。

これと関連し、V.Iが入所した陸軍6師団を管轄する陸軍第5軍団司令部軍事裁判所がこの事件を譲り受けて裁判を準備するものと見られる。

V.Iは、3月9日に江原道(カンウォンド)鉄原(チョルウォン)に位置した陸軍6師団新兵教育隊に入隊し軍生活を開始。

入隊後にFacebookアカウント”陸軍訓練所代わりにお伝えします”を通じて、同期の訓練兵たちと共に敬礼をしている写真を通じて近況を間接的に伝え、訓練所でも存在感を発揮している様子を見せた。

当時、掲示物の作成者によるとV.Iは小隊長訓練兵として訓練所で生活しており、第5砲兵旅団に所属していることが分かった。

“小隊長訓練兵”とは、訓練兵の中で班長のような役割を任されている兵士のことを指し、訓練所ごとに違うものの、大概は該当訓練所の小隊長がリーダーシップや性格、任務遂行能力などを見て‘”小隊長訓練兵”を選ぶというが、1週間ずつ交代で小隊長訓練兵を任せる訓練所もあるという。



V.Iの配属先

V.Iは、陸軍6師団新兵教育隊で行われた基礎軍事訓練を修了し、現在第5軍団配下砲兵部隊で自隊配置を受けて現役として軍務を継続していると確認されている。

2019年、クラブバーニングサンの事件と関連した様々な疑惑に巻き込まれたV.Iは、売春処罰法違反(斡旋、売春)、業務上横領、証拠隠滅教唆、性暴行特別法違反(カメラなど利用撮影)、食品衛生法違反など7つの容疑で検察に送致された。

V.Iは、昨年3月に陸軍現役で入隊する予定だったが、この事件の捜査を受けるため一度入隊を延期。

その後、昨年5月と今年1月の2度にわたり拘束の岐路に立ったが、裁判所が令状を棄却して在宅起訴されたことによって軍に入隊し、軍事裁判所で裁判を受けることになった。

これと関連し、兵務庁は過去に「一貫して公正な判決がなされるよう検察と積極的に協力し、関連事件の民間裁判所の判決の結果などの進行経過を考慮して裁判が行われるようにしたい」と述べたことがある。

V.Iの初めての軍事裁判は6月3日に行われる予定だという。

BIGBANG

BIGBANG(ビッグバン / ハングル 빅뱅)は韓国出身の4人組男性アーティストグループ。
メンバーはG-dragon、TOP、SOL、D-LITE(元メンバーV.Iは2019年3月に芸能界引退)で、YGエンターテインメントに所属している。2006年に韓国でデビュー。メンバーは、MTVコリアの「リアルドキュメンタリーBIGBANG」を通して選ばれた。
2006年デビュー後から若い世代のファッション、トレンドに大きな影響を与えたグループであり、これ以降にデビューするアイドルグループのコンセプトなどにも影響を与えたグループだ。

BIGBANG プロフィール&記事(217)