K-POP女性ソロアーティストであるヒョナと、最近活動名をDAWN(ドン)に変えたイドン。現在公開恋愛中の二人が、揃ってバラエティー番組に出演して、今まで明かされなかった二人のラブストーリーを公開。二人のラブラブな様子に出演陣は赤面してしまう程だった。

現在、公開熱愛中で“良いカップルの例”だと言われている、歌手ヒョナとDAWN(ドン)カップルが、ラブストーリーを公開した。

11月9日に放送されたJTBCバラエティー番組「知ってるお兄さん(原題 아는 형님)」にヒョナとドンが共に出演。

交際から4年ほど経ったというヒョナとドンは、これまで公開することの無かったラブストーリーを初めて公開した。

公開熱愛中のヒョナとドン

公開熱愛中のヒョナとDAWN(ドン)(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:JTBC)

どちらが先に告白したのか?という出演陣からの質問に、ヒョナは「私がドンを1年半を待ちました。当時、恋に発展しそうな雰囲気は無く、私一人だけが片思いしていました」と打ち明けた。

また、ヒョナは「ドンと毎日一緒に居たのに電話番号も聞きませんでした。常に10m以上の距離を置いていました」とし「でも妙なことに、ドンから私の顔が見えたのです」と、ドンに好感を持ったきっかけを伝えた。

これに加え、ヒョナは「焼酎とグラスの写真をドンに送りました。するとドンが“ヌナ(お姉さん)、ちょっと待っていてください”と返事をして、自分も焼酎を買ってきて一緒に飲んでいる雰囲気を味わってくれたんです」とコメント。

さらに「“ヌナはお酒が飲めないから、ちょっとずつ飲んで”というドンの言葉にドキドキしながら、あなたを好きになってしばらく経ったの。先に告白出来る状況ではないから、察してくれたら良かったのだけど、あまりにも察してくれないから、こうして勇気を出して告白することになったの。私、待ってるね」とドンに告白したという。

するとドンからは「どうして待つの?今付き合ってはいけないの?」という返事が来て、嬉しくて足をバタバタさせてしまったというヒョナ。

あまりにも長い間片思いしていたため、ドンの返事が信じられなかったと当時の状況を伝えた。

ドンは、ヒョナの告白に対して「ヒョナが僕に好意を寄せてくれていたなんて、話を聞くまで知りませんでした。僕にとってヒョナは大スターであったし、僕は練習生だったので」としながらも「一緒に活動しながらも話がよく合い、彼女の謙虚な姿に心を開きました。“待ってる”という言葉が、僕がデビューをして心の準備をする時間を与えてくれるという意味だったと思いますが、すでに僕も好きな気持ちがあったので、そのまま付き合いたかったのです」とラブラブな様子を明らかにした。

これまで明かさなかったラブストーリーを公開したヒョナ

これまで明かさなかったラブストーリーを公開(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:JTBC)

これに先立ち、ヒョナとドンは昨年8月に熱愛の事実を公開し、前所属事務所であったCUBEエンターテインメントと揉めたことがある。

その後、YGエンターテインメントから独立した歌手のPSY(サイ)が新しく設立した所属事務所P NATIONに移籍した二人は、各自SNSで熱愛写真を堂々と公開する様子を見せた。

二人の熱愛に対して、一部のネットユーザーからは悪質なコメントを受けたりもしたが、多くのファンたちは彼らの熱愛を応援している状況だ。

ヒョナとドンは、11月5日にそれぞれニューアルバム「FLOWER SHOWER」と「MONEY」をリリースして同時カムバックを果たした。