K-POPガールズグループ2NE1出身のCLがソロ活動に乗り出した。”強め女子”という破格的なコンセプトで大衆から愛されているCL。これからどのような活躍を繰り広げていくのか、ファンの関心が集中している。

“過去や未来にとらわれず、今、この瞬間に集中して生きる‥” 2NE1出身のCLがラジオ番組に出演し、変わらぬカリスマをアピールした。

10月28日午後、MBC FM4U『正午の希望曲キム・シニョンです』に出演したCLは、「本当に幸せ。ラジオ番組にいつ出演したのか覚えていませんが、8年ほど前に出演したようですね」と口を開いた。

CLは、10月29日にダブルシングル『HWA』と『5STAR』をリリースしてソロ活動を始動。久しぶりに本格的な活動を行うCLは「以前のプロジェクトでは、楽曲だけをリリースして活動はしませんでしたが、今回は活動します。プレッシャーを感じている時間もありません」と覚悟を固めた。

2NE1出身のCL

2NE1出身のCL(画像出典:CL Instagram)

2009年3月、2NE1は、同じ事務所YGエンターテインメント所属のBIGBANGと共にデジタルシングル『Lollipop』をリリースして華やかにデビュー。そこから11年の歳月が流れた。

2NE1は、K-POPガールズグループの中でも異彩を放っていたチームで、初めて”強め女子”のコンセプトで大衆の目を惹いた。

その中でもリーダーを務め、中心軸であったCLは、女性が思わず惚れてしまう”ガールクラッシュ”アイコンとして、個性あふれるファッションと挑発的なカリスマ、パワフルなラップの実力で、どの女性アーティストよりも強烈なイメージを刻んだスターでもある。

ガールクラッシュの魅力を放つCL

“ガールクラッシュ”の魅力を放つCL(画像出典:CL Instagram)

CLは、今回のラジオ番組で2NE1のメンバーについて「まだメンバーたちに、今回リリースする曲は聞かせていません。サプライズプレゼントなので、あらかじめ聞かせることはしませんでした」とし、「別々で活動をしているので、今まで以上に連絡を取り合うようになりました。今回の私の活動も応援してくれています」と変わらぬ友情を伝えた。

強いイメージだが、実際はとても優しくて温かなCL。本格的なソロ活動を控えて最も心配している点を「今このような瞬間です。話をしなければならないこと。私は体で表現することが得意なので‥」とコメント。

さらに、長い空白期を克服した方法について、「”今”に集中することが最も良い方法だと思います。過去や未来はコントロール出来ないですから。”今”を逃してしまうと時間が早く経ってしまう気がして。それで、”今”に集中しようと思いました」と答えた。

過去の悔いと、まだ訪れることのない未来への不安を振り切り、自分が今感じている感覚を大切にして軸を定めたCL。元祖”ガールクラッシュ”であり真の実力者の帰還に、多くのファンの関心が集まっている。