BTS(防弾少年団)のジンが「『ポロ ラルフ ローレン』の広告によく似合う洗練されたスターは?」というアンケートで、圧倒的な支持を受けて断トツの1位に選ばれた。その理由は、韓国人が抱くアメリカへの憧れやブランドイメージと深く関係がありそうだ。

BTS(防弾少年団)のジンが、「『POLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフ ローレン、以下 ラルフローレン)』の広告によく似合う洗練されたスターは?」というアンケートで1位に選ばれた。

これは、Exiting DCが5月22日から5月28日まで行ったアンケートで、なんとジンは、総投票数54万932票のうち48万411票を獲得し、断トツの1位となっている。

BTSメンバーのジン

BTSメンバーのジン(画像出典:BTS 公式Facebook)

なぜジンはこれほどまで圧倒的な支持を受けて1位に輝いたのだろうか?

その理由は、どうやら韓国人が”ラルフローレン”に抱くイメージと関係がありそうだ。

ラルフローレンといえば、日本でも知名度が高く「百貨店で売られている、ちょっと良い家庭の子が着るお洋服ブランド」というイメージを持っている人も多いのではないだろうか。

アメリカでは、国を代表するブランドのひとつであり、最近では2020年東京オリンピックで、アメリカ選手団の公式ウェアを担当している。

韓国でもラルフローレンは知名度が高く人気もあるが、日本よりも”憧れのブランド”というイメージが強いようだ。

韓国では昔から、”留学先と言えばアメリカ! “と言われるほど、*アイビー・リーグと呼ばれる名門大学での生活に憧れがあるという。

*アイビー・リーグ:アメリカ東海岸にある私立大学の総称(ハーバード・イェール・プリンストン・コロンビア・ペンシルベニア・ブラウン・ダートマス・コーネル大学の8校)

1950年代にアメリカで生まれたアイビールックと言われるファッションは、まさにこのアイビー・リーグの学生たちが好んで着ていたファッションのことだ。

アイビールックの象徴と言えば、3つボタンのブレザー、ボタンダウンシャツ、斜めストライプのネクタイ、コットンパンツ、ローファー、というのが定番スタイル。

このスタイルこそ、まさにラルフ ローレンの服のイメージとつながった人も多いのではないだろうか。

BTSメンバーのジン

BTSメンバーのジン(画像出典:BTS 公式Facebook)

多くの韓国人が憧れるラルフローレンのファッションは、「豊かさ」「穏やかさ」「知性」「上品」など優しいイメージを持っている。

ここで、ジンのイメージを想像してみてはどうだろう?

スラっとしたスタイルで育ちの良さを感じる上品な佇まい、時より見せる知的な一面、BTSの長男として弟たちを優しく見守っている姿など、まさしくブランドイメージとぴったりではないだろうか。

ジンがブレザーを着て、おしゃれで上品なアイビールックで立っている姿を想像すると、ジンが圧倒的な支持で1位に選ばれた理由も納得できそうだ。

(投稿:酒井知亜)

(関連記事)これぞ憧れの先輩! BTS ジン「その肩幅は有罪」韓国ファンはメロメロ






BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2751)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs