今月14日午後に放送された、SBS芸能『みにくいうちの子』に俳優ナムグン・ミンが出演。ガン闘病中の母親が、演技大賞授賞後から元気になり、嬉しいと明かしている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

SBS芸能『みにくいうちの子』に出演した、俳優ナムグン・ミンが家族についての話を打ち明けた。

ナムグン・ミン

SBS芸能『みにくいうちの子』にゲスト出演し、家族について語ったナムグン・ミン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今月14日の午後に放送された、SBS『みにくいうちの子』で、ナムグン・ミンは「両親にとって”最もカワイイ子”だった瞬間はいつ?」という質問を受けた。

これに対して「僕が演技大賞を獲ったというのが、両親にとってあまりにも衝撃的だったみたいで。僕が思ってる以上に喜んでくださった」と語る。

そして「昨年、母がガンにかかって闘病生活を送ることになった。大変そうだったけど、僕が大賞を獲ってから、自宅で急に歩き回るようになって、『息子がこの世で一番幸せだ』と言った。今は健康状態が随分良くなったので、僕も嬉しい」と微笑んで見せた。

また兄弟に関する質問について、弟が1人いて、銀行員であることを明かしている。

『みにくいうちの子』に出演して近況を明かしたナムグン・ミンは、昨年放送されたSBSドラマ『ストーブリーグ』で演技大賞を受賞した際、ガールフレンドのチン・アルムについても触れ、注目を集めた。

2人は、11歳の年の差を乗り越えたカップルとして知られている。出会いは、2016年にナムグン・ミン本人がメガホンを取った短編映画『LIGHT MY FIRE』を通して縁を結んでいる。

モデルであり俳優のチン・アルムは、最近SBSのパイロット番組『あきれる彼女たち』に出演した。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース