5月6日、”韓国のゴールデングローブ賞”とも呼ばれている『百想(ペクサン)芸術大賞』が開催された。約3年振りに観客を入れての祭典は熱気溢れる様相で、より一層盛り上がりを見せた。また、俳優のパク・ボゴムが除隊後初めて公の場に姿を見せ、シン・ドンヨプとmiss A出身スジと息の合った司会ぶりで話題を集めた。

パク・ボゴムが、除隊後初めて公の場に姿を見せ、大きな話題を呼んだ。

シン・ドンヨプ、スジ、パク・ボゴムは揃ってレッドカーペットに登場した

MC3人は揃ってレッドカーペットに登場した(左から)シン・ドンヨプ、スジ、パク・ボゴム。(画像出典:YouTube 百想芸術大賞動画キャプチャー)

5月6日、一山キンテックスで開催された『第58回 百想(ペクサン)芸術大賞』は、約3年振りに有観客で行われ、熱気溢れるイベントとなった。

続きを読む

編集部おすすめ記事blank

こちらも投票お願いします!

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs