今月24日に日本で行われた『「パラサイト 半地下の家族」プレミアム舞台挨拶』に日本の歌手で俳優の草彅剛(ハングル 초난강)がサプライズで登場した。草彅と言えば、SMAPとして活動中に日本のバラエティー番組で、韓国を紹介する番組に長い間レギュラー出演していたため、韓国語は流ちょうであることで知られている。

SMAP出身の歌手であり俳優の草彅剛が、「パラサイト 半地下の家族」(以下、パラサイト)のポン・ジュノ(ハングル 봉준호)監督と俳優のソン・ガンホ(ハングル 송강호)を迎えた。

インスタにアップされた3ショット

笑顔で記念撮影する(左から)ソン・ガンホ・草彅剛・ポン・ジュノ監督(画像出典:草彅剛 公式Instagram)

草彅剛は、24日に自身のInstagramで「ポン・ジュノ監督とソン・ガンホさんに会いました。「パラサイト」は最高です! 皆さんもぜひ劇場で観てください! ソン・ガンホさんが本当に好きです! アカデミー賞4冠受賞おめでとうございます」と3ショットと共にアップ。

この日の日本メディアによると、草彅剛は東京で行われた『「パラサイト」プレミアム舞台挨拶』にサプライズ出演し、ポン・ジュノ監督とソン・ガンホに対してどれだけファンであるかという強い愛を直接2人に伝えたようだ。

草彅剛は、日本にまだ“韓流ブーム”という言葉が生まれる前の2001年、自身の名前を韓国読みした「チョナン・カン」というタイトルでバラエティー番組に出演。まだSMAPというグループ名も韓国には知られていない中で単身韓国に渡り、現地のことや文化について日本に発信し続けてきたという経緯がある。

また当番組は、全編韓国語で進行するスタイルだったため、草彅は猛勉強して韓国語をマスターし、韓国人と間違えられるほどの会話力を身につけたと言われている。いつかポン・ジュノ監督の作品で、草彅剛の姿が見られることを期待したくなる。