映画『共助2:インターナショナル』が公開されるのに伴い、シリーズ第1作目である『コンフィデンシャル/共助』に出演していたある俳優が再注目されている。既に他界され、今はもう過去の作品でしか会うことはできない。本記事ではそんな彼の活躍を振り返る。

映画『共助2:インターナショナル(以下、共助2)』が、韓国で9月7日に公開される。

映画『共助2:インターナショナル』は、9月7日に韓国で公開される。

9月7日に韓国で公開される映画『共助2:インターナショナル』(画像出典:movie.naver)

『コンフィデンシャル/共助(邦題/2017/以下、共助)』の続編ということで、既に共助ファンの期待が高まっている状況だ。

それもそのはず、『共助』は韓国で観客動員数781万人を動員するヒットを収めた作品。前作に続いてヒョンビン、ユ・ヘジン、イム・ユナ(少女時代)が作品を盛り上げる予定なのだ。

シリーズものの場合、しばしばキャスト変更が行われることがあるが、同作は大幅に変わることなく制作され、その点においてもファンを喜ばせている。

しかしあともう1人、キャストクレジットに名を連ねる可能性があった俳優をご存じだろうか。『共助』で、犯罪組織のリーダー役に扮した故キム・ジュヒョクさんだ。

故キム・ジュヒョクさん。

故キム・ジュヒョクさん。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

彼は同作で、それまでの優しく明るいイメージを覆して、悪役に見事になりきり、錚々たる俳優が名演技を繰り広げる中、圧倒的な存在感を見せていた。

また彼の変身ぶりに驚いたのは観客だけでなく、ヒョンビンや監督も同様の反応で、同業界の人からも認められたほど。存命であれば、きっと『共助2』にも配役されていたことだろう。

ところが残念ながら2017年10月30日に交通事故により、享年45歳で突然この世を去ってしまい帰らぬ人に。

『共助』を通して、2017年の『第1回ザ・ソウルアワード』で、男優助演賞を手にしてから3日後のことだった。

受賞スピーチで「映画で賞をもらうのは初めてです。今年で俳優生活20年ですが、このような大きな賞をいただけてとてもありがたく思います」と喜びを語っていただけに、訃報のニュースが流れると韓国中に激震が走った。

また、数々の作品で好演を繰り広げ、多くの人から愛されていた役者であるだけに、ファンの悲しみは非常に深く、今もなお彼を恋しがる人は多い。

しかも彼が当時関わっていた作品は、なんと5作品。これからさらに活躍が期待されていたのだ。

しかし、この内2作は当時まだ撮影に入っておらず、映画『王宮の夜鬼(原題:猖獗[しょうけつ]/2018)』、『毒戦(邦題:毒戦 BELIEVER/2018)』、『王の遺言書(2018)』の3作のみが遺作として世に出ることに。

キム・ジュヒョクさんは、『毒戦』に出演した。

『毒戦』に出演した際のキム・ジュヒョクさん。(画像出典:movie.naver)

正確に言えば『王宮の夜鬼』は、撮影がスタートしていたもののキム・ジュヒョクさんのシーンは全て撮り終えていない状況で、彼の役は俳優のキム・テウが代役を務めた。

このため劇中には登場しないが、エンディングクレジットにはキム・ジュヒョクさんの名前が並んでいる。スタッフの計らいだろうか。制作陣側からも愛された役者のようだ。

映画『王宮の夜鬼』はキム・ジュヒョクさんの遺作となった。

キム・ジュヒョクさんの遺作となった、映画『王宮の夜鬼』(写真提供:©スポーツ韓国)

加えて、俳優仲間からも支持されていたようで、『共助』で共演し『王宮の夜鬼』で再び息を合わせる予定だったヒョンビンも、帰らぬ人となったキム・ジュヒョクさんをあるインタビューを通して追悼したことがある。

それによると、「ジュヒョクさんのことを考えると、とても辛いです」と開口一番に悲しみを吐露。そして、『王宮の夜鬼』について触れ、「ジュヒョクさんが僕の兄役なので、実の兄だと頭の中で想像しながら過ごしましたし、撮影現場でも一緒にいたため、すごく恋しいです」と悲痛な思いを告白した。

つい最近まで当然のように顔を合わせ、しかも家族のように思っていたのであれば、相当な衝撃を受けたに違いない。

このように、たくさんの人から愛され、俳優としての実力が支持されていたキム・ジュヒョクさん。彼に関連するドラマや映画が登場すると、今も韓国のネット上などでは彼を偲び、生前の出演作が再度言及されている。

そんな作品の1つが、映画『どこかで誰かに何かあれば間違いなく現れるMr.ホン(2004)』だ。女優のシン・ミナと俳優のキム・ソンホが主演を務めた、tvNドラマ『海街チャチャチャ(2021)』の原作ということで当時注目を浴びた。

映画『どこかで誰かに何かあれば間違いなく現れるMr.ホン』ポスター。

映画『どこかで誰かに何かあれば間違いなく現れるMr.ホン』ポスター。(画像出典:movie.naver)

その証拠に、『海街チャチャチャ』の放送前後、映画を思い出したネットユーザーからキム・ジュヒョクさんを懐かしむコメントが寄せられ、あるネットユーザーは、劇中で彼が演じた役に触れ、「“ホン班長”、僕はジュヒョクさんのキャラクターが一番気に入っている」とコメント。その他にも、彼の演技を絶賛する声で溢れた。

そして、現在は冒頭で触れた『共助2』により『共助』でのキム・ジュヒョクさんの演技がスポットライトを浴びている状況だ。

彼が旅立ってから5年という月日が過ぎようとしているが、現在もなお、名俳優としてファンの心に残り続けているキム・ジュヒョクさん。韓国の芸能界は、偉大な俳優を1人失ってしまったようだ。

(構成:西谷瀬里)






韓国俳優 最新記事はこちら(2978)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs