コン・ユが、映画「82年生まれ キム・ジヨン」に出演することとなった。

人気俳優 コン・ユが、新作映画「82年生まれ キム・ジヨン」に出演することとなり、女優 チョン・ユミと息を合わせるのは、映画だけで3作目となる。

映画「82年生まれ キム・ジヨン」出演が決まったコン・ユ

映画「82年生まれ キム・ジヨン」出演が決まったコン・ユ(出典:Instagram)

17日、映画「82年生まれ キム・ジヨン」の制作会社は「コン・ユが出演をする。平凡な30代女性 キム・ジヨンの夫 チョン・デヒョン役を演じる」と発表した。

制作会社は「様々な映画やドラマで最高の演技を見せてくれたコン・ユこそ適役」と、コン・ユの高い演技力を称えながら、活躍への期待を隠さなかった。

チョン・ユミは、コン・ユより先にキャスティングが決まり、主人公のキム・ジヨン役を演じる。

実はこの二人の共演は、2014年に公開された「トガニ 幼き瞳の告発」や2016年に公開された「新感染 ファイナル・エクスプレス」に続く3作目となる。

映画「トガニ 幼き瞳の告発」

映画「トガニ 幼き瞳の告発」

映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」

映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」

共演した2作とも韓国国内はもちろん、海外でも好評を受け、興行面でも成功を収めているためか、「82年生まれ キム・ジヨン」の成功、即ち「3連打」にかかる期待が大きいようだ。

一方「82年生まれ キム・ジヨン」は同名のベストセラーを原作とした映画で、来年上半期にクランクイン予定だ。

映画の原作となった小説「82年生まれ キム・ジヨン」

映画の原作となった小説「82年生まれ キム・ジヨン」

コン・ユ

マネジメントSOOP所属の俳優コン・ユ(ハングル 공유)。1979年7月10日生まれ。

“コン・ユ”という芸名は両親の苗字から付けられたもので、本名は、コン・ジチョル。

2000年、Mnet VJ 7期として芸能界にデビューしたコン・ユは、2001年KBSドラマ『学校4』を通じて演技者としてデビュー。

2007年、日本でも人気を博したドラマ『コーヒープリンス1号店』が大ヒットし、この年MBC演技大賞で優秀賞を受賞。当ドラマは、コン・ユの出世作となった。

コン・ユ プロフィール&記事(40)

[korea_sns_button] [reaction_buttons]