今月5日午後6時、ファン・ソユン、ユ・ス、パク・ヒョンジンの3ピースバンドSE SO NEON(セソニョン)は、シングルアルバム『Jayu』を発売。このミュージックビデオに俳優ユ・アインが特別出演した。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

俳優ユ・アインが、バンドSE SO NEON(セソニョン)の『Jayu』ミュージックビデオに特別出演した。

ユ・アイン

バンドSE SO NEONのミュージックビデオに特別出演した俳優ユ・アイン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

ファン・ソユン、ユ・ス、パク・ヒョンジンの3人で構成されたバンド、SE SO NEONは今月5日午後6時、シングルアルバム『Jayu』を発売。

音源と共に公開されたプロモーションビデオには、ユ・アインが特別出演している。草原をバックに、趣のある表情でどこかを見つめているが、実際は、工事現場に置かれた草原の写真を背にしている。

昨年2月に発売された『Nonadaptation』で、彼らが”社会から与えられた価値に無批判的に適応せず、代替案的な生き方”を提示したとするならば、それから1年という時間を経た2021年初のシングル『Jayu』では、世の中で彼らだけの自由を作り、不安に立ち向かう勇気を見せてくれている。

12弦ギターの豊かなストロークと、曲の中盤に来てようやく登場するドラムとベース、ここまで積み上げられたリズムを崩す神経質なテンポダウン、空間と時代感をあやふやにするヴォコーダー(ロボットボイスを作り出す機器)と、アンビエントサウンド(周囲の環境音をマイクを通して取り込む)は、非言語的な形であっても、より一層進歩した、最強のSE SO NEONスタイルを作り出し、自由と跳躍を予告している。

メンバーのファン・ソユンはニューシングルについて、「2枚目のミニアルバム『Nonadaptation』以降、何を語る事ができるのか‥。ゆっくりとした時間を過ごしながら思い浮かべたのは、どうすれば不安とまっすぐ向き合えるのか、どんな事が自分をまともにさせるのかということだった。そこから見出した言葉が”自由(Jayu)”だった」

「”自由”について考えた時、不安は自然に消し去ることができた。非常にパワフルな言葉だ。この作業が”誰かにとって、後回しにしてきた自由を思い起こす”きっかけになることを期待している」と語った。

SE SO NEONは今月6日、MBCの音楽番組「ショー! 音楽中心」で『Jayu』の初ライブステージを披露する。

(関連動画)ユ・アインが特別出演したSE SO NEONの『Jayu』MV

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



ユ・アイン

韓国の人気俳優ユ・アイン。本名はオム・ホンシク。1986年10月6日生まれ。

2003年、ドラマ『四捨五入』でAra(コ・アラ)の恋人アインを演じ一躍注目を浴びる。
2006年『俺たちに明日はない』でスクリーンデビュー。

映画『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』(2008)では、チュ・ジフンやキム・ジェウクとともに主役に抜擢され、元ボクシング選手でパティシエ見習いという役柄を演じた。

ユ・アイン プロフィール&記事(21)

最新ニュース

おすすめニュース