俳優のソン・ジュンギが、ドラマ『財閥家の末息子(原題)』の男性主人公として有力候補に挙がった。本作の出演を引き受けた場合、ドラマ『ヴィンチェンツォ』で演じたヴィンチェンツォ・カサノと同じく、復讐者となるため、注目を集めている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

5月27日、ソン・ジュンギの所属事務所であるHiSTORY D&C(ハイストーリーディーアンドシー)は、topstarnewsに「JTBCドラマ『財閥家の末息子』の提案を受け、出演を検討中だ」と明らかにした。

再び復讐者を演じるのか注目されているソン・ジュンギ

『ヴィンチェンツォ』に続き、復讐者を演じるのか注目されているソン・ジュンギ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

『財閥家の末息子』は、同名の人気ウェブ小説を原作としたドラマである。10年以上、忠誠を尽くしてきた財閥トップの一家から、資金横領の濡れ衣を着せられて殺害された主人公が、自分を殺した財閥家の末っ子の息子として生まれ変わり、財閥家を丸ごと手に入れるため、着実に成長して復讐する話を描く。

『財閥家の末息子』は、2018年に原作とドラマの版権契約を終え、主人公のキャスティングに期待が集まっていた。

この日、東亜ドットコムの報道によると、『財閥家の末息子』は最近、キャスティング作業が本格化。中でも、最も有力候補だったソン・ジュンギが、男性主人公での出演提案を受け、検討に入ったという。

放送は来年の編成で議論している。演出にはMBC『彼女はキレイだった(2015)』『W‐君と僕の世界‐(2016)』のチョン・デユン監督が、脚本にはtvN『サバイバー:60日間の大統領(邦題/2019)』、KBS2『トキメキ☆成均館スキャンダル(2010)』のキム・テヒ作家が担当する。

もし、ソン・ジュンギが本作の出演を引き受けた場合、5月2日に惜しまれながらも放送を終えたtvN(Netflix)ドラマ『ヴィンチェンツォ』で演じたヴィンチェンツォ・カサノと同じく、復讐者となる。

また、『ヴィンチェンツォ』では、ホン・チャヨン(チョン・ヨビン)と淡いロマンスを展開したが、劇中での分量としてはそう多くなく、『財閥家~』にロマンス要素はないと言われているだけに、連続してダークイメージで、硬派な役どころとなりそうだ。

『ヴィンチェンツォ』放送後のインタビューでは、「少し休みたいが、すでに次回作で悩んでいる」と話していたソン・ジュンギ。

「逃したくない作品に出会ったら、休まないつもりだ」とも言及しており、再び全盛期を迎えた彼が『財閥家の末息子』を選択するのか、注目される。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

ソン・ジュンギ

HISTORY D&C所属の俳優ソン・ジュンギ(ハングル 송중기)。1985年9月19日生まれ。

2008年ドラマ『霜花店 運命、その愛』でデビュー。

2010年に出演したドラマ『トキメキ 成均館スキャンダル』で一躍名を広め大ブレイクしたソン・ジュンギは以降、映画『私のオオカミ少年』、ドラマ『太陽の末裔』などに出演し人気を博した。

ソン・ジュンギ 最新記事はこちら(138)






[su_spacer size=”30″]

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs