チョン・ウソンは、飲酒運転でSBSドラマ『飛べ小川の竜』を降板したぺ・ソンウの代役で、8年ぶりにドラマ出演となった。そしてこの度、同作にイ・ジョンジェが特別出演することが明らかになり、視聴者を驚かせた。

俳優のイ・ジョンジェがSBSドラマ『飛べ小川の竜』をアシストする。

ドラマ『補佐官』で演じた役に再び扮するイ・ジョンジェ

イ・ジョンジェはドラマ『補佐官』で演じた役に再び扮する予定だ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今月12日、イ・ジョンジェはSBS『飛べ小川の竜』撮影に合流したと報じられた。先日、俳優のチョン・ウソンが自身が代表を務めるカンパニーの所属俳優であるペ・ソンウの不祥事(飲酒運転)に対する責任を取るため、”代役”として約8年ぶりにドラマ出演を発表。

(関連記事)「取締役として責任をとります!」チョン・ウソン、8年ぶりのドラマ出演は’代打’

このニュースだけでも視聴者を驚かせたが、やはり同じ事務所で理事であり所属俳優であるイ・ジョンジェの特別出演が決定。1つの作品に2人の”理事”が出動する運びとなり、更なる耳目を集めている。

ぺ・ソンウの代役を務めているチョン・ウソン

現在ぺ・ソンウの代役を務めているチョン・ウソン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

本作でイ・ジョンジェは、JTBCドラマ『補佐官(2019)』で演じたチャン・テジュンに扮する予定だ。

『飛べ小川の竜』は、俳優のぺ・ソンウの飲酒運転で危機を迎えた。すると彼の代役を買って出たのは、彼の所属事務所の理事であり俳優のチョン・ウソンだった。現在彼は、ぺ・ソンウが演じていたパク・サムスになり、演技している。全20話で、16話まで撮影が完了しているため、17話から最終話までを演じている。

元々イ・ジョンジェは、チョン・ウソン以前に『飛べ小川の竜』のパク・サムスの代替俳優として、取り上げられていた人物だ。しかし、スケジュールの都合でそれが実現には至らなかった。

アーティストカンパニーは、チョン・ウソンとイ・ジョンジェが2016年に設立したマネジメント会社で、当時はイ・ジョンジェが取締役、チョン・ウソンは代表を経て、2017年から取締役を務めている。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。




人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース