『虹プロジェクト』に参加し、優れた実力を披露したユナを覚えているだろうか。惜しくもNiziUの一員としてのデビューは逃しているものの、今より未来が期待されるJYPの”卵”であることは変わらないようだ。

昨年、日本中を沸かせたオーディション番組『虹プロジェクト』で、最終デビュー組に選ばれた練習生たちが、Niziという名前でデビューする姿を見守っていた人がいる。

『虹プロジェクト』ユナ

『虹プロジェクト』で無限な可能性を感じさせたユナこと、アン・ユナ(画像出典:インスタグラム)

彼女の名は、アン・ユナ。『虹プロジェクト』に参加し、惜しくも最終メンバーには選ばれなかったJYPエンターテインメント(以下、JYP)所属の練習生である。

JYPで修業を積んだ彼女は、可愛いルックスと抜群の実力で”デビュー確実”と囁かれていたほど、彼女を応援するファンは多い。アン・ユナも、まだ練習生ではあるが、ファンとのコミュニケーションの必要性を感じていたのか、昨年自身のインスタグラムのアカウントを開設した。

開設当時、彼女は「虹プロジェクト以降、ファンと交流するため、インスタグラムのアカウントを作ることになった(会社から許可を受けた)」と、JYPの了承があった旨を日・韓・英の3カ国語で綴っている。

続けて「一緒に泣き笑い、共感して下さったファンの皆さんに心から感謝している」とし「これから虹プロで見せられなかった私を見せたいと思うので、見守ってほしい」と、アイドルデビューに向けて、再始動を誓う一面も見せた。

上述の通り、アン・ユナは、2016年からJYPの練習生となり、JYPの未来を担う”卵”として注目を浴びている。

以下に、アン・ユナのプロフィールを簡単にまとめてみた。

  • 生年月日:2004年1月19日生まれ(現在16歳)
  • 国籍:日本と韓国、二重国籍
  • 血液型:O型
  • 趣味:ネイル、映画鑑賞
  • 特技:フラフープを回しながらダンス
  • 所属:JYPエンターテインメント
  • 日本と韓国のハーフ(父が韓国人で母が日本人)であるため、日本語と韓国語が堪能

韓国でキッズモデルの経験を持つ彼女だが、幼少期は主に韓国のソウルで過ごしていたと伝えられている。

JYPに入社してからは、既にデビューを果たしたITZYのメンバー、ユナと共に『ダブルユナ』と呼ばれ、多くのK-POPファンから期待を抱かれていたようだ。

が、『ダブルユナ』の一人であるユナが、2019年2月にITZYのメンバーとしてデビューをし、自分は期待されていたNiziUのメンバー入りも叶わず、本人としてはもどかしさだけが募る日々を送っているだろう。

しかし、『虹プロジェクト』の出演を機に、未来を応援するファンも増え、練習生としては異例とも言われるSNS開設などを見ると、彼女が華やかにステージを飾る姿も、そう遠くはないと思われる。

彼女を記憶する人々の中では、競争相手でもある『虹プロジェクト』の練習生を応援する、アン・ユナの優しい性格を褒める人も多いだろう。

実は彼女、小児がんで苦しむ子供たちのために、長年伸ばしていた毛髪を寄付したことを告白し、話題となったことがある。

毛髪を寄付したアン・ユナ

アン・ユナっは、小児がんを患う子供たちのため、毛髪を寄付した(画像出典:インスタグラム)

まだ練習生という制約(?)もあったのか、インスタグラムの更新の頻度は多くないが、一昨日、清純さ溢れる写真をアップロートした。

アン・ユナ インスタグラム

アン・ユナ インスタグラム

1月10日、久々にインスタグラムを更新したアン・ユナ(画像出典:インスタグラム)

昨年のクリスマス以来のインスタグラム更新に、ファンからは「可愛い」「清純だ」「天使が舞い降りてきた」などのコメントが寄せられている。