ナム・ジュヒョクとmiss A出身のスジが主演を務めたtvN(Netflix)ドラマ『スタートアップ:夢の扉(邦題)』が、今日本で話題だ。放送当時、中盤から徐々に人気を集め、Netflixテレビドラマ部門の世界順位で、韓国ドラマの過去最高ポイントを獲得している。IT事業の“スタートアップ”を描いた本作は、本業から見るとどのように映るのか、紹介したい。

ナム・ジュヒョクと、miss A出身のスジが主演を務めたtvN(Netflix)ドラマ『スタートアップ:夢の扉(邦題、以下スタートアップ)』が、現在日本のGoogleトレンドで韓国ドラマ関連 急上昇ワードに浮上し、話題となっている。

現在日本で話題となっている『スタートアップ:夢の扉』

現在日本で話題となっているドラマ『スタートアップ:夢の扉』。(画像出典:tvN)

本作は、2020年10月から12月まで韓国とNetflix(ネットフリックス)で同時配信されており、序盤こそ苦戦したものの、中盤から徐々に人気を集め、Netflixテレビドラマ部門の世界順位で、韓国ドラマの過去最高ポイントを獲得した。

(関連記事)今世界では’スタートアップ’がホット!Netflixランキングで韓国ドラ最高記録

『スタートアップ』は、“韓国のシリコンバレー”と呼ばれ、若者の憧れの地である”サンドボックス”で、エンジニアとしての成功を夢見てスタートアップに飛び込む青春の始まり(START)と、成長(UP)を描いた物語だ。

最近行われた『第57回 百想(ペクサン)芸術大賞』TV部門 男性助演賞で、本作に出演しているキム・ソノが候補に選ばれ、大賞は逃したものの、TikTok人気賞で1位を手中に収めた。

(関連記事)‘百想芸術大賞’ 人気賞はキム・ソノとソ・イェジ!1位確定で投票終了

『百想芸術大賞』でTiktok人気賞を圧倒的投票でものにしたキム・ソノ

『百想芸術大賞』でTiktok人気賞を圧倒的投票数でものにした俳優のキム・ソノ。(画像出典:tvN)

本作品では恋と仕事、紆余曲折ありながらも順調な進展を見せたが、実際に会社を立ち上げベンチャー企業に勤める人々から見て、どれほどリアルに迫っていたのか。過去に、中央日報(https://joongang.joins.com/)が『スタートアップ』のモデルとなった、ある最高経営者(以下、キム氏)をインタビューしており、引用しながら紹介したい。

『スタートアップ』は現在Netflixで視聴が可能だ。

『スタートアップ』は現在Netflixで視聴が可能。(画像出典:tvN)

ソ・ダルミのCEOとしての資質は申し分なし

高卒からCEOにまで出世したスジ演じるソ・ダルミ。

高卒からCEOにまで出世したスジが演じたソ・ダルミ。(画像出典:tvN)

miss A出身で女優のスジが演じたソ・ダルミは、高卒でアルバイトをしながらエンジニアを夢見る女性だ。

実際の経営者が見たソ・ダルミはCEOとしての資質は持ち得ているだろうか?

キム氏「スタートアップ代表には自我の強い人が多い。その点、ソ・ダルミはチームを大切にして、選ばず欲張らず、スタッフを尊重している点がとても素晴らしい。ただ、ダルミのようなアルバイトで生計を立てながら成功したというケーズは稀。中学や高校ですでに才能を発揮しているケースがほとんどだ。まあ、彼女ほどの美貌を持ったCEOもなかなか稀だが(笑)」

買収吸収でバラバラになったサムサンテック、現実は?

(左から)キム・ドワン、ナム・ジュヒョク、ユ・スビンだけが引き抜かれてしまい‥

(左から)キム・ドワン、ナム・ジュヒョク、ユ・スビンだけが引き抜かれて、サムサンテックはバラバラに。(画像出典:tvN)

ナム・ジュヒョク演じるナム・ドサンはかつて”神童”と言われ、数学オリンピックで金メダル輝いた実績を持つ。父に出資してもらい、”サムサンテック”を設立し、なんとか”サンドボックス”へ入ることができたが、成功の先に待っていたのは、買収吸収によるドサン、ヨンサン(キム・ドワン)、チョルサン(ユ・スビン)の引き抜きだった‥。

キム氏「*アクハイヤーはよくある話だ。企業はどこでも開発者が不足しているので、四半期に一度は”最近都合の悪いスタートアップはないか”と聞かれる(笑)。でも結局3人は、韓国に戻って起業している。一度スタートアップすると、また起業したくなるもので、これは中毒だ。大企業では慎重にならざる負えないプロジェクトも、自身の会社なら小回りがきくし仕事のサイクルが早い。それも快感になるようだ」

*アクハイヤー:アクハイヤーはacquireとhireの合成語、人材スカウトのための買収合併。

『スタートアップ:夢の扉』で最も非現実的だと感じたものとは‥。

デザイナー、サハを加えた5人で始めた『サムサンテック』

デザイナー、サハ(ステファニー・リー、右端)を加えた5人で始めた『サムサンテック』。(画像出典:tvN)

逆に、最も”あり得ない”と思った点はあったのだろうか。

キム氏「まさに5人の”サムサンテック”(笑)。運命的に出会って急遽組んだチームが、開発者、企画者、デザイナー兼弁護士までいる完璧な構成は、まずあり得ない。ドリームチームの何物でもないね。雷に打たれるか、ロトで億万長者になるかほどの確立と言っても過言ではないだろう。あとはキム・ソノが演じた、ハン・ジピョンが1つのIT事業のみでベンチャーキャピタル首長になるのは難しい。恐らく第1話でもあったように、元々株の素質があって、別のところでお金を儲けた可能性が高い」

キム氏曰く、それ以外は概ねあり得る内容だったとのこと。また「どんなに家に帰れなくても、眠れない日々が続いても、当時の雰囲気を思い出す時は、皆生き生きとしている」んだとか。青い春は、誰にとってもキラキラ輝いて、眩しい日々のようだ。

このドラマの放送当時、話題になったのは実はストーリーだけではない。劇中のセリフに、視聴者の生きる現実にも多く重なる部分があったため、”癒された”という人が続出していたのである。

本サイトでも、記事にまとめたので、ぜひ参照して明日の心の糧にしてもらいたい。

(関連記事)あなたの挑戦を応援する韓ドラ ’スタートアップ’の名ゼリフ10選




ナム・ジュヒョク

モデルとして活動後、2014年ドラマ『インヨ姫』で俳優デビュー。

以降、ドラマ『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』(2016)『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』(2016)でバイプレーヤーとして活躍して頭角を現し、同年『恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ』では女優のイ・ソンギョンとダブル主演を務め、人気を博す。

ナム・ジュヒョク プロフィール&記事(26)

人気ニュース

ナム・ジュヒョク 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース