今月13日、キム・ジフンは自身のインスタグラムを通じて、最近人気を博しているアプリ”Clubhouse(クラブハウス)”について、「僕はやらないから、招待状を送ってこないでほしい」と伝えている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

俳優のキム・ジフンが、最近話題のアプリ”Clubhouse(クラブハウス)”について率直な意見を綴った。

キム・ジフン

話題のiPhoneアプリ”Clubhouse”について正直な思いを綴った俳優キム・ジフン(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今月13日、キム・ジフンは自身のインスタグラムを通して「最近、とても話題になっているこのアプリ(Clubhouse)を見ると、現代人の心理状態の中で、刺激に対して最もモロい部分を垣間見ることができる」と語りかけている。

「基本的に、人間が行う全ての行動の最大の源となる、知りたいことに耐えることができない心理、すなわち好奇心」から始まる長文は、次のように続く‥。

「大勢のグループに属さなければ、自らの存在価値が落ちるのではないかと不安になる心理、すなわち完璧に見えるが、実は多くの人々に蔓延した自尊心の欠如。そして僕は、人と違うという事を認められたいし、人よりもっと秀でたいと思う心理。最後に自分のその優越感が、下品にならない程度に自慢し、うぬぼれたがる心理など‥」

「直接入ったことがないので詳しいインターフェースはわからないが、そもそも始めること自体が、こうした心理を刺激するシステムとして設計されているので、著名なインフルエンサーやセレブを投じれば、それが勝手に広報になり、ものすごい数のユーザーが集まるという信じ難い結果に至る」としている。

また「招待状をもらえなかった人たちは、自分は自尊心の弱い人間だと感じ、結局は”何としてでも加入してこそ、自尊心が回復する”ような錯覚を起こさせる。このアプリを作った人物は本物の天才だ。さらには本格的に活動するユーザーになれば、各種分野の専門家と直接対話できるというメリットもあるようだし、見れば見るほど魅力的ではある。ただ、とにかく僕はやらない。頼むからどんどん招待状を送ってこないでほしい」と訴えた(投稿は現在削除済み)。

これに対してネチズン(ネットユーザー)は「そう、招待状で高級化すること自体が、そういう心理を利用してるってことでしょ?」「招待状もらってないけど、特になんとも思ってない(笑)」「キム・ジフンの意見にも共感できるし、好んで使ってる人の立場も共感できる」「作った人が天才だということは理解できる(笑)」「おっしゃる通り。よくぞ書いてくれた」「使ってから批判した方がいいんじゃない? 昨日Dindinは、直接使った上で批判したから、説得力があった」など、多様な反応を見せている。

今月9日には、歌手DindinがClubhouseについて、「新しいアプリを使ってみて感じたのは、拡張されたコミュニケーションであるということ。悪い意味で、仲間同士が権力化されたコミュニケーションという感じ。今の時代なのに人と人の間に格差がある、上下があるかのように分けること自体、まったくもってくだらない」と指摘している。

Clubhouseとは、アメリカ合衆国の企業であるアルファ・エクスプロレーションが開発した招待制音声SNSアプリケーション。iOSのみの対応で、招待状がなければ加入できないシステムだ。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース