世界的なエンターテインメントストリーミングサービスのNetflix(ネットフリックス)が、ドラマ『猟犬たち』の制作を確定し、俳優のウ・ドファン、イ・サンイ、キム・セロン、パク・ソンウン、ホ・ジュノなど、豪華キャスティングラインナップを発表した。 (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

Netflix(ネットフリックス)側は11月5日、「新シリーズ『猟犬たち』の制作を確定した」と明らかにした。

ウ・ドファン、イ・サンイ、キム・セロンが『猟犬たち』でヤミ金世界をもがく!

(左から)キム・セロン、ウ・ドファン、イ・サンイがヤミ金の世界でもがく『猟犬たち』。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

Netflixシリーズ『猟犬たち』は、金を追ってヤミ金の世界に足を踏み入れた3人の若者が、巨大な勢力に巻き込まれながら繰り広げる物語。

同名のNAVER(ネイバー)ウェブコミックが原作で、映画『ミッドナイト・ランナー(2017)』のキム・ジュファン監督が脚本と演出を担当し、俳優のウ・ドファン、イ・サンイ、キム・セロン、パク・ソンウン、ホ・ジュノが出演を決定した。

SBSドラマ『ザ・キング:永遠の君主(2020)』で、1人2役を完璧に演じたウ・ドファンが、借金を返すためにヤミ金の世界に飛び込むゴヌ役を演じる。ゴヌはボクシングの新人王戦で優勝を手にした有望株だったが、母親の借金を返すために、ヤミ金業界の伝説であるチェ社長に会い、ボディーガードとして新たな人生を迎えることになる。

(関連記事)‘ザ・キング’で強烈な爪痕を残したウ・ドファンが入隊!幸せな20代の出演作まとめ

ライバルのボクシング選手でありながら、結局ゴヌと一緒に働くことになったウジン役は、最近韓国で放送が終了した人気ドラマ、tvN(Netflix)『海街チャチャチャ』やMBCバラエティー『遊ぶなら何する?』で、多彩な魅力を披露したイ・サンイが演じる。ウジンは過去にヤミ金業界で働いていた経験を持ち、ヤミ金に無知なゴヌを助けることになる。

映画『アジョシ(2010)』シンドロームの後も、様々な作品で際限なく演技スペクトラムを見せてくれたキム・セロンが、チェ社長にとって家族のような存在であり、彼の後を継ぐヒョンジュ役に扮する。本作で彼女は爽快なアクションやガールクラッシュな魅力を披露する予定だ。

(関連記事)映画’アジョシ’から10年‥成人となった子役のキム・セロンと不老のウォンビン

ヤミ金業界に飛び込んだゴヌとウジン、そしてヒョンジュが作り上げる新しいケミストリー(相性)と、演技のシナジー効果に早くも期待が集まっている。

お金のためにひたすら動く、悪辣なヤミ金業者のミョンギル役は、重い存在感を誇るパク・ソンウンが演じる。ミョンギルはチェ社長と対立し、大きく黒い野望に向かって走っていく人物だ。

ベテラン俳優の(左から)パク・ソンウン、ホ・ジュノがドラマに重厚感を加える

手練れ俳優の(左から)パク・ソンウンとホ・ジュノがドラマに重厚感を加える。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

そして。一時は“ヤミ金の伝説”と呼ばれていたが、現在は病気の人々に無利子でお金を貸すチェ社長役に、作品ごとに名演技を披露し強烈な印象を残してきたホ・ジュノが演じる。うまくいっていたヤミ金を辞めた理由は何か、また彼にどんな事情が隠されているのか、気になるキャラクターだ。

『猟犬たち』の脚本と演出は、味わいのあるセリフや魅力溢れるキャラクター、爽快なアクションで観客565万人を魅了した映画『ミッドナイト・ランナー』や、新鮮なストーリーとファンタジーアクションが際立つ映画『ディヴァイン・フューリー/使者(2019)』のキム・ジュファン監督が担当する。強力なアクションとバディ作品に優れた才能を見せたキム・ジュファン監督は、『猟犬たち』で、初のシリーズ演出に挑戦する。

制作は、NAVERウェブコミック原作のOCN『他人は地獄だ(2019)』を皮切りに、tvN『ペガサスマーケット(2019)』やNetflix『Sweet Home -俺と世界の絶望-(2020)』、そして最近話題になった、JTBC(Netflix)『わかっていても(2021)』、TVING(tvN)『ユミの細胞たち』に至るまで、NAVERウェブコミックのIPを活用した映像化事業をリードしているスタジオNが制作し、Netflix映画『モラルセンス』を制作している(株)シアッフィルムと、『ディヴァイン・フューリー/使者』を共同制作した(株)SEVEN O SIXが共同で制作する。

新鮮なケミと激しいアクションが期待される『猟犬たち』は、Netflixを通して公開される予定だ。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。








この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs