Netflixで人気作品のトップ圏内にランクインしている韓国ドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』。劇中、パク・ソジュンとパク・ミニョンの熱いラブシーンが話題になり、当時のビハインドストーリーが再注目されている。

2018年に韓国で放送された、俳優パク・ソジュン×女優パク・ミニョン主演のドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』が、今年韓国のケーブルテレビtvNで再放送され、10月からはNetflixでの配信もスタート。

日本国内でも、人気作品のトップ10圏内にランクインするほど話題沸騰中だ。

日本でも人気沸騰中の『キム秘書はいったいなぜ?』

『キム秘書はいったい、なぜ?』は、日本でも人気沸騰中(画像出典:キム秘書はいったい、なぜ? 公式HP)

これまで、MBC『彼女はキレイだった(2015)』、KBS『サム、マイウェイ ~恋の一発逆転!~(2017)』を通じて、ロマンスに特化したキャラクターをリリースしてきたパク・ソジュンだが、『キム秘書はいったい、なぜ?』では、代替不可な俳優であることを今一度証明。

劇中、パク・ソジュンが演じたイ・ヨンジュンは、”究極なナルシスト”で超エリート御曹司。だが、過度なナルシシズムも憎らしくなく、むしろ逆にすっきりと演じて笑いを与え、”ヨンジュン症候群”を巻き起こした。

これまで多くのロマンスキャラクターを演じてきたパクソジュン

パク・ソジュンはこれまで多くのロマンスキャラクターを演じてきた(画像出典:tvN)

コミカルな演技にも定評があるパク・ソジュンは、”ロコ(ロマンスコメディー)キング”と呼ばれる一方で、”キス職人”という称号も持ち、相手役のパク・ミニョンと交わす情熱的なキスシーン動画は、視聴回数3億ビュー超えという驚異的な数字を叩き出している。

(関連記事)‘キム秘書’とのあのシーンがとにかくヤバイ!キス職人 パク・ソジュンの偉業

話題になったパクミニョンとのキスシーン

パク・ミニョンとのキスシーンが話題に(画像出典:tvN DRAMA Youtube capture)

劇中、遊園地の貸し切りデートや悩殺キスなど、ロマンチックなシーンの数々が視聴者にトキメキを与えたが、中でも2人が結ばれたベッドシーンは、息を凝らして見入る人々が続出するほど、強烈な印象を与えた。

パク・ソジュンは、過去にドラマ放映終了後のインタビューでベッドシーンについて言及。

「ベッドシーンは俳優の立場からすると、とてもプレッシャーになります」と口を開き、「台本を見た時は、状況が描かれていなかったのです。私は、現場でカメラの構図を見ながら自然に表現しようとしました。劇中、2人の主人公が持っている感情がどのように変化していくのかが重要でした」とコメント。

続けて「放送を見たら、盗み見るような角度でも撮影されていました。演出、照明、カメラのアングル、演技の呼吸など、全体的に相乗効果を成していたと思います」とし、「ベッドシーンが話題になったことは事実ですが、シーンがいやらしかったというより、雰囲気からくるものが大きかったと思います。初回から続く感情の部分もあったので、より話題になったようです」と、ビハインドストーリーを伝えた。

熱い反応が寄せられた2人のベッドシーン

2人のベッドシーンにも熱い反応が寄せられた(画像出典:tvN DRAMA Youtube capture)

キスシーンやベッドシーンはもちろん、美男美女が描く恋愛模様は多くの視聴者たちの憧れになり、あまりにもお似合いすぎて、現実世界で熱愛説が浮上したほど。

(関連記事)「キム秘書とは熱愛注意?」共演俳優との噂が絶えないラブリーなパク・ミニョン

2年前に放送されたドラマだが、パク・ソジュンとパク・ミニョンのシナジーが光を放ち、現実感を高めるオフィス・ストーリー、コミカルながらも胸が温かくなる繊細な演出力、笑い、トキメキ、共感など全ての要素がこの一作に詰まっているため、今でも色褪せずに熱い人気を誇っているのだろう。



パク・ソジュン

韓国の人気俳優パク・ソジュン。本名はパク・ヨンギュ。1988年12月16日生まれ。

2011年、B.A.P出身バン・ヨングクの楽曲『I Remember』のMVでデビュー。
初出演ドラマは『ドリームハイ2』(2012)。

以降、ドラマ『魔女の恋愛』(2014)、『キルミーヒールミー』(2015)、『花郎<ファラン>』などに出演、”主演俳優”としての地位を固めた。

パク・ソジュン プロフィール&記事(87)

人気ニュース

パク・ソジュン 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース