新型コロナウイルスの流行により日常生活が大きく変化しつつある現在、マスクが必需品となった。昔は”マスクといえば白”だった日本でも、今では黒、グレー、ピンク、柄付きなどカラフルな色合いも増え、1つのファッションアイテムとして変わりつつある。

世界的に猛威を振るう新型コロナウイルスのせいで、日常生活は激変した。現在韓国では”マスクストラップ”の需要が増えているという。

マスクストラップは、例えば食事をする際などマスクを外す必要があるときに、マスクをポケットやバッグにしまうことなく、首にかけておけるアイテムだ。

tvNのバラエティー番組『夏休み』に出演したパク・ソジュンとチェ・ウシクがこのマスクストラップをつけた姿で登場し、あっという間にホットアイテムとなった。紛失防止はもちろん、最近は最先端のファッションアイテムとして注目されている。

パク・ソジュンとチェ・ウシク

バラエティー番組『夏休み』でパク・ソジュン、チェ・ウシクが使用していたことで話題に(画像出典:tvN YouTube動画キャプチャー)

最近Netflixで配信された『梨泰院クラス』の大ヒットでパク・ソジュンもさらに株が上がり、劇中のスタイリッシュなファッションがパク・ソジュンの演じた役名を元に「セロイ・ファッション」と呼ばれ人気を博していた。

パク・ソジュン

パク・ソジュン

パク・ソジュン

パク・ソジュン演じるパク・セロイのファッションも話題に(画像出典:JTBC『梨泰院クラス』HP)

一躍ファッションアイコンとなったパク・セロイを演じたパク・ソジュンが、マスクストラップをつけたことにより、おしゃれに敏感な若者たちの中で、ファッションアイテムとしての価値がアップしたのだ。

若年層をターゲットにした人気ブランドで、パク・ソジュンもブランドモデルを務めている『JILL STUART (ジル スチュアート)』では、アクセサリーとしてマスクストラップを発売。ブラック、グレー、ミントなどカラーも豊富で、JILL STUARTのロゴが刻まれている。今後、韓国のみならず日本でもマスクストラップが話題になることは間違いない。

ファッションリーダーとしても人気を博すパク・ソジュンの次回作は、韓国で歴代興収1位の大ヒット映画『エクストリーム・ジョブ』(2019)を手掛けたイ・ビョンホン監督の新作映画『ドリーム(原題)』だ。共演は今作が初の長編映画デビューとなるIU(本名:イ・ジウン)で、2021年に韓国公開予定。また2021年にクランクイン予定の映画『コンクリートユートピア』(仮題)への出演も決まっている。

(関連記事)「来年は映画だ!」今年Netflixを盛り上げた韓ドラスター5人の次回作リスト

このコロナ禍の中、今後の撮影や公開についての心配事は多いが、防疫意識を最大にして次回作に望んで欲しいと思う。



パク・ソジュン

韓国の人気俳優パク・ソジュン。本名はパク・ヨンギュ。1988年12月16日生まれ。

2011年、B.A.P出身バン・ヨングクの楽曲『I Remember』のMVでデビュー。
初出演ドラマは『ドリームハイ2』(2012)。

以降、ドラマ『魔女の恋愛』(2014)、『キルミーヒールミー』(2015)、『花郎<ファラン>』などに出演、”主演俳優”としての地位を固めた。

パク・ソジュン プロフィール&記事(62)