いよいよ、強力なお姉さんたちが始動だ。イ・ヒョリ、オム・ジョンファ、ジェシー(Jessi)、MAMAMOO(ママム)ファサの4人が、番組企画でガールズグループを結成。実力派アーティストの集結は、現役ガールズグループの脅威的存在となっている!?

イ・ヒョリ、オム・ジョンファ、ジェシー(Jessi)、MAMAMOO(ママム)ファサの4人が、番組企画で協力タッグを組み、韓国音楽界へ殴り込みをかけた。

彼女たちはMBCのバラエティー番組『遊ぶなら何する?』で、期間限定プロジェクトグループ”払戻遠征隊”を結成。

払戻遠征隊

払戻遠征隊『DON’T TOUCH ME』ジャケットフォト。(画像出典:『遊ぶなら何する?』公式Instagram)

事の始まりは、イ・ヒョリの一言だった。イ・ヒョリは今年の夏、同番組でコメディアンのユ・ジェソクとアーティストのRAIN(ピ)と“SSAK3(サクスリー)”を結成。タイトル曲を選定していた際に「女性歌手を何人か集めてガールズグループを作りたい」と言及。その願いが叶った形だ。

(関連記事)MAMAMOOファサも参加する ‘払戻遠征隊’ ついに発足?気になるチーム名の意味

ちなみに”払戻遠征隊”というグループ名の由来は、4人の強烈なキャラクターはどの売り場に連れて行っても、簡単に払い戻しができそうだという意味である。

活動名をマノク(オム・ジョンファ)、チョノク(イ・ヒョリ)、ウンビ(ジェシー)、シルビ(ファサ)とし、番組内で4人の顔合わせから楽曲制作、レコーディングまでを放送。今月10日に『Don’t touch me』を発表する。すると直後には、音源チャートボックスとgenie(ジニー)のリアルタイムチャートで1位を獲得し、発売日の10日から12日までは各種音源チャートの1位の座を守った。

4人のレコーディング風景

4人のそれぞれのレコーディング風景(画像出典:オム・ジョンファ 公式Instagram)

またこれを聴いたネットユーザーは、「4人にとても似合っている曲」「それぞれの個性が生かされてるね」「痛快な歌だ」などと好反応を見せている。

4人の個性溢れる実力派アーティストが集結しただけに、その歌唱力は保証付きだ。

当サイトでも既報の通り、10月はビッグネームのカムバックが目白押しで、特に2日がBLACKPINK、26日がTWICEと、いま最も勢いのあるガールズグループ2組が10月の韓国音楽界を賑わせる。そんな中、間を縫うように本作が話題をさらっていった。

(関連記事)K-POP ビッグネームの大激突!韓国アイドル 10月カムバック カレンダー

2日カムバックのBLACKPINKと26日カムバックのTWICE

2日カムバックのBLACKPINKと、26日カムバックのTWICE(画像出典:YG Ent official twitter、TWICE 公式Instagram)

もちろん、それぞれのファンの規模は比べ物にならないほどであり、音源下落の心配は不要だが、できることならばカムバック活動期は、自分たちだけにスポットライトが当たっていてほしいと願うのは、アーティストとして当然の事だろう。

そこにきて、払戻遠征隊がスマッシュヒットを放ち、お茶の間の話題の中心にいる。ある意味で、脅威的存在の登場である。

今月17日には、MBC『ショー!音楽中心』でデビューステージを飾る払戻遠征隊。パワフルなパフォーマンスが期待されており、その後再びイシューにあがるのは間違いなさそうだ。

彼女たちの存在が、音楽界にどこまで新たな風を吹き込むのか、26日にカムバックを控えるTWICEの登場まで、話題の主は変わらないのか‥注視したいところである。

(関連動画)refund sisters ‘DON’T TOUCH ME’ Unofficial MV



BLACKPINK

BLACKPINK(愛称 ブルピン / ハングル 블랙핑크)は、韓国のガールズグループ。2016年にYGエンターテインメントによって結成。
メンバーは韓国出身のジス、ジェニー、オーストラリア出身のロゼ、タイ出身のリサによる4名。公式ファンクラブ名は「BLINK(ブリンク)」。

BLACKPINK プロフィール&記事(153)